« 千本松原の闇(伊賀越道中双六) | トップページ | 文楽人形は三人遣い »

2005年3月 2日 (水)

歌舞伎と文楽の文献情報

【沖鴨学さんから紹介された書籍】
◎杉本苑子『歌舞伎のダンディズム』講談社文庫
◎戸板康二(吉田千秋・写真)『写真 歌舞伎歳時記 』講談社文庫
◎井野辺潔監修・義太夫研究会編著『文楽談義 語る・弾く・遣う』創元社

【沖鴨学さんへのメール】

 歌舞伎と文楽の文献情報ありがとうございます。
 杉本苑子は好きな時代小説家の一人ですし、戸板康二(やすじでしたね)は、若い頃『暮しの手帖』で歌舞伎評を書いていたのを読んでいたこともあり、岩波現代文庫の『歌舞伎への招待』正続を読みました。ご紹介いただいたもの、古書店を探してみます。

 井野辺潔監修・義太夫研究会編著『文楽談義 語る・弾く・遣う』、いずれ購入する積もりの文楽関係リストには入れてありますが、順番を繰り上げましょう。
 次の文献からは、文楽の昔を想像することができました。
 岩波写真文庫『文楽』カラーブックス『文楽-鑑賞のために』(保育社)、どちらも30年以上も前のもので入手しにくいのですが、もし目にとまるような場合には手に取ってみる価値があります。

2005-03-02

|

« 千本松原の闇(伊賀越道中双六) | トップページ | 文楽人形は三人遣い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎と文楽の文献情報:

« 千本松原の闇(伊賀越道中双六) | トップページ | 文楽人形は三人遣い »