« 等身大?のネズミ(伽羅先代萩) | トップページ | 2005年11月「本朝廿四孝」 »

2005年6月 2日 (木)

「演劇としての『近松』――『曽根崎心中』を弾いてみると――」講演アップのお礼

【錦糸サイト】
講演アップありがとうございます

ルネ様
 東京女子大学講演会「演劇としての『近松』――『曽根崎心中』を弾いてみると――」のアップロードありがとうございました。錦糸さんの口調もそのままのような雰囲気が出ていますね。
 まだざっとしか見ていませんが、時間をつくって近松のものと現行のもの、自分でも声に出して較べてみたいと思います。

2005/06/02(木)

錦糸サイト、錦糸放談に掲載されています。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/viva-kinshi/interview.htm


|

« 等身大?のネズミ(伽羅先代萩) | トップページ | 2005年11月「本朝廿四孝」 »

三味線」カテゴリの記事

「曽根崎心中」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「演劇としての『近松』――『曽根崎心中』を弾いてみると――」講演アップのお礼:

« 等身大?のネズミ(伽羅先代萩) | トップページ | 2005年11月「本朝廿四孝」 »