« 安藤鶴夫氏 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで »

2005年9月 5日 (月)

三宅周太郎『文楽の研究』岩波文庫版購入

【ひらめサイト】

 岩波文庫版、三宅周太郎『文楽の研究』をようやく購入しました。
 今回の岩波文庫版の解題によると、初版の『文楽之研究』(春陽堂、1930年)以後、創元選書版『改修 文楽の研究』(創元社、1940年)、創元選書版『新編 文楽の研究』(創元社、1947年)、創元文庫版『定本 文楽の研究』(創元社、1952年)とそのつど内容に変化がありましたが、角川文庫版『文楽の研究』(角川書店、1954年)は創元文庫の紙型を買い取ったものだそうです。
 岩波文庫版は角川文庫版を定本としていますから、わたしの持っている創元文庫版と内容的には同じものになります。紙質が悪く、活版のいささか読みにくい文字、いかにも当時の時代を反映している創元文庫に比して、、紙質、印刷ともずっと読みやすくなっています。さらに、新字新かな、さらに三業が何代目であるかを補うなど編集部の注が加えられているのが読む上で助けとなります。
 写真・図版は創元文庫版とほぼ同じですが、ちょっと違いがあります。おそらく角川文庫と同じなのでしょうが、春陽堂版は多数の写真があったよし、もう少し写真が欲しかったなと思います。
 最後に創元文庫版と岩波文庫版の違いを挙げておきます。

創元文庫写真と図版
口絵
1p写真:著者
2p写真:故吉田栄三、人形は「寺子屋」の松王
3p写真:女形の人形の独得な「片手の後むき」のきまり.人形遣いは吉田文五郎,人形は「先代萩」の政岡
4p図版:人形浄瑠璃創始期の舞台裏の絵
5-6p:写真人形の頭
本文中
p.16図版御霊時代文楽楽屋の図(大正10年前後の分)

岩波文庫写真と図版
本文中
p.18写真:大正15年焼失前の「御霊文楽座」(その外見)
p.19図版:御霊時代文楽楽屋の図--創元文庫と同じ
p.97写真:女形の人形の独得な「片手の後むき」のきまり--創元文庫と同じ
p.102写真:吉田栄三--創元文庫と同じ
p.126写真:人形の頭--創元文庫の2ページ分を1ページに

|

« 安藤鶴夫氏 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三宅周太郎『文楽の研究』岩波文庫版購入:

« 安藤鶴夫氏 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで »