« 2006年5月公演への希望 | トップページ | ルネ様 拍手はいかがでしたか »

2006年2月17日 (金)

出遣いと黒衣

【錦糸サイト とおりすがりの文楽好きさん】

はじめまして ..
【前略】
昨日から東京公演が始まり、早速見に行きましたが疑問に思ったことがありました。
「曾根崎心中」の天満屋の段で主遣いさえ出遣いではありませんでした。この様なことはあるのでしょうか。以前見たときはパンフレットにあるような、出遣いだったのですが。

2006/02/13(月)00:20


とおりすがりの文楽好き様

 天満屋の段に限らず曽根崎は、出遣いだったと記憶していましたが、インターネットで見たところ、出遣いは天満屋の段からとか、天神森の段だけとか、色々なようです。ヨーロッパでの公演では黒衣で通すこともあったようです。
 お答えにはなりませんが。

2006/02/17(金)

|

« 2006年5月公演への希望 | トップページ | ルネ様 拍手はいかがでしたか »

人形(遣い)」カテゴリの記事

コメント

その後次のような書き込みがありました。
【錦糸サイト ルネさん】
朝日新聞劇評

【前略】
「曽根崎」のところで、
『今回は、「天満屋」を出遣いではなく黒衣にしたことで、物語がより鮮明に浮き彫りになった」とありました。
やはり出遣いか黒衣かは、どちらでもあり。
今回の演出は黒衣で、ということのようです。
【後略】
2006/02/15(水) 22:44

投稿: 以良香 | 2009年4月 8日 (水) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出遣いと黒衣:

« 2006年5月公演への希望 | トップページ | ルネ様 拍手はいかがでしたか »