« 渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』 | トップページ | 「伊勢音頭恋寝刃」あらすじなど »

2009年2月16日 (月)

2009年5月公演「伊勢音頭恋寝刃」「日高川入相花王」

 2月半ばとは思えないここ何日かの暖かさです。
 東京2月公演は平日の第一部、第二部は空席があるようですが、敵討襤褸錦、住大夫師匠の語りは人形の動きのない段をたっぷりと面白く聞かせているようで、今週末が楽しみですが、花粉の飛びようもここ何日かすさまじいものがあり、ちょっと不安です。

 さて5月文楽の公演が決まりました。 国立文楽劇場開場二十五周年記念ということで、大阪では「義経千本桜」の通し公演、東京でも同じ演目かまたはその他おなじみの演目の通し公演を期待していたのですが、案に相違して、東京ではなじみが少ない演目ばかりです。
 東京でなじみがない演目=私にとって初めての演目というこで、貴重な機会と捉え直します。一昨年大阪で住大夫師匠が語った「伊勢音頭恋寝刃」古市油屋の段を今回も師匠が語られるということで、迷うことなく第一部を推奨します。

 2009年5月9日(土) ~ 2009年5月24日(日)の日程の中から土曜を選ぶと、9日は連休が明けたばかり、23日はそろそろ雨が心配かも、ということで16日がよろしかろうと思います。


(第一部)11時開演(15時終演予定)
寿式三番叟   

伊勢音頭恋寝刃  
    古市油屋の段
    奥庭十人斬りの段

日高川入相花王   
    真那古庄司館の段
    渡し場の段  


<第二部>16時開演(19時45分終演予定)

ひらかな盛衰記
    梶原館の段
    先陣問答の段
    源太勘当の段
    辻法印の段
    神崎揚屋の段
    奥座敷の段

それぞれの演目の直近の公演は次のようになっています。

《伊勢音頭恋寝刃》  
東京では1993年 9月公演が最後です。
 古市油屋の段 竹本 織大夫(現綱大夫)/鶴澤 清治(先代)
 奥庭十人斬の段 竹本 相生大夫 /竹澤 団七
大阪は最近で、2007年 7月公演で、
 油屋の段は53分間をたっぷりと竹本 住大夫/野澤 錦糸のコンビです。
奥庭十人斬りの段 豊竹 咲大夫 /鶴澤 燕三

《日高川入相花王》
東京では何と1980年 5月が最後です。
 真那古庄司館の段
 渡し場の段
大阪は2000とこれも大分前。

《ひらかな盛衰記》
東京でも時々、直近では2006年 5月に
鶴澤燕二郎改め六世鶴澤燕三襲名披露狂言ということで、
松右衛門内より逆櫓の段が上演されていますが、今回上演の場は珍しい方だと思います。

2003年 12月
大津宿屋の段/笹引の段/松右衛門内の段/逆櫓の段
2003年 2月
 辻法印の段/神崎揚屋の段/奥座敷の段
1999年 9月
大津宿屋の段/笹引の段/松右衛門内の段/逆櫓の段
1988年 9月
ひらかな盛衰記 通し狂言
大序
射手明神の段
義仲館の段
二段目
楊枝屋の段
三段目
大津宿屋の段
笹引の段
松右衛門内の段
逆櫓の段

二段目
梶原館の段
先陣問答の段
源太勘当の段
四段目
辻法印の段
神崎揚屋の段
奥座敷の段

|

« 渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』 | トップページ | 「伊勢音頭恋寝刃」あらすじなど »

公演」カテゴリの記事

コメント

日本芸術文化振興会のチラシ、あらすじ入がアップされています。配役表の入ったチラシはまだです。

公演情報 詳細|日本芸術文化振興会|5月文楽公演

配役表は錦糸さんのサイトにアップされています。
21年5月公演配役表

投稿: 以良香 | 2009年3月 3日 (火) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年5月公演「伊勢音頭恋寝刃」「日高川入相花王」:

« 渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』 | トップページ | 「伊勢音頭恋寝刃」あらすじなど »