« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

「ひらかな盛衰記」あらすじなど

頻繁に上演されていますから、過去のプログラムを引っ張り出せばよいようなものですが、通しの上演ばかりではないので、まとめておきます。

ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき)五段。浄瑠璃。時代物。文耕堂・三好松洛・浅田可啓・竹田小出雲(二世竹田出雲)・千前軒(初世竹田出雲)合作。角書「逆櫓松(さかろのまつ)・矢箙梅(えびらのうめ)」。元文四年(一七三九)四月十一日大阪竹本座初演。
【構想】『平家物語』『源平盛衰記』等を題材とする浄瑠璃の代表的作品の一つ。木曾義仲とその遺児・遺臣の物語を中心に、梶原源太をめぐる逸話を加えて構成されている。四段目の無間(むけん)の鐘の伝説は古くから歌舞伎・文楽に組み込まれているが、直接には享保十六年(一七三一)江戸中村座初演『けいせい福引名護屋』における瀬川菊之丞の当り芸をとり入れている。
 2009年5月公演では、梶原源太をめぐる段の上演です。
【あらすじ】初段―義経は頼朝の命を受け、木曾義仲討伐のため伊勢路を進み、途中伊賀国阿山郡射手明神に詣でる。梶原景時(かげとき)は旭将軍義仲になぞらえた日の丸の軍扇を射損じ、源氏の白旗を射てしまう。自害しようとする景時を佐々木四郎高綱が取りなすが、景時は義経に意趣を含むことになる。
 義仲は平家から三種の神器をとり戻すために、自ら謀反人の汚名を着て粟津の一戦に鎌倉勢を引受けて討死する。
二段目―義仲の御台(みだい)山吹御前(やまぶきごぜん)と遺児駒若を守り、腰元お筆は今は楊枝屋となっている父鎌田隼人(かまたはいと)を頼ったが、梶原の追手番場忠太等が襲ってくる。看板用の猿を駒若と欺き脱出する。
 梶原源太景季(かげすえ)は、宇治川の先陣争いで、父景時が恩を受けた高綱にわざと勝を譲り、景時から切腹を命ぜられる。そのわけを知った母延寿(えんじゅ)は源太を勘当して命を助け、愛人の腰元千鳥(お筆の妹)共々館を立ち退かせる。
三段目―山吹御前、駒若、お筆、鎌田隼人は木曾へ逃れる途中、大津で番場忠太のため駒若も隼人も殺され、山吹は悲歎のあまり絶命する。しかし、駒若は旅宿で隣り合わせた難波福島の船頭権四郎(ごんしろう)の孫槌松(つちまつ)ととり違えられていた。
 お筆は若君をとり戻しに福島へ赴くが、権四郎は孫の敵と、駒若を殺そうとする。聟松右衛門(まつえもん)が義仲の四天王の一人樋口次郎(ひぐちのじろう)兼光(かねみつ)と名乗り、権四郎から逆艪の秘伝を学んで義経に近づき、亡君の仇を報ずるために入り聟したことを打明け、義理の子槌松が若君の身替りに立ったことは、武士の身の誉れと諭す。討手に向った畠山重忠は、樋口と権四郎の心を察し、樋口に縄をかけて駒若を見逃す。
四段目―神崎の廓に身を沈め、傾城梅が枝(うめがえ)と名乗る千鳥は、源太の出陣に必要な産衣(うぶぎぬ)の鎧を請戻す金の工面に心を砕き、無間の鐘をついても三百両を得たいと思い詰める。来合わせた延寿がそれと言わずに金を与える。梶原父子を親の敵と狙う姉お筆も、延寿の情ある計らいに心解け、源太は出陣する。
五段目―平家との戦いに、源太は高名を顕わし、父の勘当を許される。樋口は義仲の一族に対する義経の仁心に感じつつ自刎する。
【特色・影響】題名の「ひらかな盛衰記」は『源平盛衰記』を平俗に砕いたものとの意味であるが、半ばは作者の創作である。好評のため、歌舞伎にも移されている。三段目「松右衛門内」から「逆艪」の段がしばしば上演されるが、文楽では通し上演も行われる。

ようこそ文楽への中の
床本集に収録されています。
http://homepage2.nifty.com/hachisuke/yukahon.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

「日高川入相花王」あらすじなど

日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら) 五段。浄瑠璃。竹田小出雲(三世竹田出雲)・近松半二・北窓後一・竹本三郎兵衛・二歩堂(にふどう)合作。宝暦九年(一七五九)二月一日大阪竹本座初演。

【構想】『今昔物語集』巻十四「紀伊国道成寺僧写法花救蛇語」、謡曲「道成寺」、絵巻物『道成寺縁起』、長唄「京鹿子娘道成寺」等に見える紀州道成寺伝説を扱うが、桜木親王と藤原忠文との皇位継承争い、平将門の遺志を継いで天下をねらう藤原純友の野望を縦筋として複雑多岐な運びを展開する。謡曲「錦木」も二段目に取り入れてある。

【あらすじ】第一-朱雀帝は病弱なので弟君桜木親王に位を譲ろうとするが、左大臣藤原忠文は自分が位につこうと、親王を陥れることを企む。桜木親王は兄の病気平癒析願のため紀州道成寺の鐘供養を命じる。一方忠文は比叡山の剛寂僧都に命じて病気平癒の析祷と見せかけて天皇調伏の呪詛をさせる。桜木親王はかねてから小野大臣の娘おだ巻姫と恋仲であった。親王が忍んできた小野大臣の館を忠文らの軍勢が取り囲む。小野大臣の館に仕えるゆらの戸の弟藤原純友が忠文のたくらみを知って親王らを救う。
第ニ-桜木親王は、一旦は睦奥で六孫王源経基の乳人朝路にかくまわれるが、山伏安珍と名を変え、更に熊野の真那古の庄司のもとに落ちていく。おだ巻姫も朝路の娘おむつを供にして、これを追う。
第三-経基は忠文の讒言によって朱雀帝の落胤を討つ命令を受けて苦悩する。純友は主君平将門の遺児が人質となってこの館に捕らわれていると聞き、四塚(よつづか)大作と名乗り身をやつしてわざと捕えられていた。朱雀帝の落胤の身代わりをめぐる騒動の中で、藤原純友はその皇子こそ将門の遺児であることを知る。純友は反逆を思い立つが経基に反逆心の翻意を迫られ、その仁義に感じて切腹して果てる。
第四-「真那古庄司館の段」「渡し場の段」桜木親王は真那古の庄司の館に立ち寄るが、おだ巻姫も親王を探してここに逗留していた。以前親王を見初め、激しい恋心を抱いていた清姫は親王を慕う。忠文の一味鹿瀬十太が安珍を親王と疑うので、庄司は安珍を清姫の許嫁と偽るが、清姫は真実と思いこむ。安珍は危険を避けるためおだ巻姫とともに庄司の家を抜け出す。清姫は僧剛寂にたきつけられ、嫉妬の一念で蛇体となり、あとを追う(「道行思ひの雪吹(心)」)。
日高川にたどり着いた清姫は、渡し守に舟を出すよう頼むが、渡し守に拒みまれる。清姫が川へ飛び込むと、その姿は鬼か蛇の様に変り、泳ぎ渡る。清姫は道成寺の境内に安珍をさがす。庄司が清姫を刺すと血汐は炎となって燃え、鐘の中から剛寂僧都が三種の神器を持って現われる。忠文の味方と見えた剛寂(道成寺の僧)は、親王の味方であった。清姫の嫉妬心を利用し、親王を清姫が取り殺したという風聞をたてさせ、忠文を油断させようとのことであった。
第五-忠文一味が酒宴を催すところに経基・秀郷・剛寂らが押し寄せ、忠文を誄罰する。

道成寺伝説を扱った芸能では能や長唄が有名であるが、浄瑠璃では本作が代表作として挙げられる。歌舞伎でも日高川の場だけを清姫の人形振りで演ずることがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「伊勢音頭恋寝刃」あらすじなど

大阪の公演に縁がなかったため、歌舞伎によるあらすじをまとめてみました。文楽では改変があるかも。

伊勢音頭恋寝剱(いせおんどうこいのねたば) 四幕七場。歌舞伎。近松徳三作。番付には他に辰岡万作・二世並木正三らの名がみえる。「いせおんどこいのねたば」とも。角書は「去し噂の青江下坂、十人切子の大座敷」。寛政八年(一七九六)七月二十五日より大阪角の芝居(座本藤川八蔵)にて初演。天保九年(一八三八)七月大阪稲荷の文楽座で操りに移され、その後の改訂作が文楽の人気曲となっている。歌舞伎では、いろいろな場が残っているが、文楽では、油屋と十人切りだけが残る。

【題材】寛政八年五月四日夜、伊勢古市の遊廓油屋で宇治山田の医者孫福斎(まごふくいつき)が仲居のおまんほか数名を殺傷し、同月六日伯父である御師(おし)の家で自刃した事件を、阿波のお家騒動と青江下坂(あおえしもさか)の刀の詮議にからめて劇化した際物。

【あらすじ】
序幕-阿波の国の家老の今田九郎右衛門の倅万次郎は名刀青江下坂詮議のため伊勢に来たが、伊勢古市の遊郭油屋の女郎お岸と深い仲となって金に困り、せっかく手に入れた刀を銅脈金兵衛に質入れする。その上、刀の折紙までお家横領を企む梶川大学(阿波の当主の叔父)の甥岩次一味にすり替えられる。伊勢の神領を支配する藤浪左膳は、福岡貢(みつぎ)に刀の詮議を依頼する。貢は御師福岡孫太夫の養子となっているが、今田家はかつての主筋であり、一命に替えても刀を探し出すと誓う。

二幕目―孫太夫の家。孫太夫は不在で、その弟の猿田彦太夫は、太々講(だいだいこう)の金百両を甥の正直正太夫に盗ませ、罪を貢に負わせようとするが、貢の叔母おみねの機知によって彦太夫と正太夫の悪事があらわれる。一方、刀を質に取り行方をくらましていた金兵衛は、おみねに刀を売っていたが、おみねが代金を払わないので騙(かた)りだと騒ぎ立てる。おみねは彦太夫から取り立てた百両でこれを支払い、刀を貢に与える。

三幕目-「古市油屋段」貢は刀を万次郎に渡そうと油屋に来る。この店には、貢が馴染みにしている遊女お紺がいた。お紺に会いたいと仲居の万野(まんの)に言うが、お紺は岩次(じつは徳島城下の商人藍玉屋北六)と芝居見物でまだ戻らないという。万次郎を待つために帰るわけにいかない貢は、万野にうるさく言われ代わりの遊女を呼ぶことになる。登廓する場合茶屋に刀を預けるのが習いであるため、料理人の喜助(貢の父親に奉公した縁がある)が預かってくれることになった。岩次がその刀の中身を自分の刀とすり替えてしまう。それを喜助が見ていて、元へ戻そうとするが、貢が帰るときに岩次の刀を渡せばよいとそのままにする。
 代わり妓のお鹿は、貢に惚れていた。貢と手紙のやりとりもし金も用立てているのにつれないと貢に泣きつくが、身に覚えがない貢は困惑する。そこへお紺が北六たちと入ってくる。お鹿にあてた貢の手紙というのは万野が取り次いだもので偽物だったが、万野はシラを切り、北六たちも貢をののしる。お紺は岩次が持っている折紙を取るために、岩次になびくふりで貢に愛想づかしを言う。さんざん罵られて突き出された貢は憤激して去るが、この時、貢の家来筋の喜肋は、間違えたふりをして岩次の刀(中身は青江下坂)の方を渡す。後に残ったお紺は、北六を安心させて、折紙を手に入れた。
 万野は貢に渡った刀の中身が下坂だったことを思い出し、刀を取り替えて来いと喜助に命じ、喜助は駆け出していく。万野は、喜助が貢の家来筋だと立ち聞きしていたことを思い出しあわてて後を追う。
 「奥庭の十人切りの段」貢は刀を取り替えられたことに気づき引き返しす。お紺から折紙を受け取り彼女の真意を知る。貢は万野に刀を返せと迫り、万野も貢の持つ刀を返せと争うはずみに、貢は誤って万野を斬る。元来この刀は貢の家に崇りをなす妖刀であったから、貢は万野に続いて次々と岩次一味やお鹿を斬る。

四幕目―貢は叔母の家に駆けこんで切腹する。そこへ駆けつけた喜助の説明で、貢の所持する刀が青江下坂とわかり、貢の傷も浅く、お家騒動解決の知らせも届く。

 殺し場の惨劇は賑やかな伊勢音頭を背景とし、夏の季節感と伊勢の地方色が好まれて、歌舞伎では「油屋」の場を中心とする上演が現在まで繰り返されている。中でも貢の役は苦境に耐える辛抱立役の典型とされ、上方と江戸それぞれに洗練された型がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月公演「伊勢音頭恋寝刃」「日高川入相花王」

 2月半ばとは思えないここ何日かの暖かさです。
 東京2月公演は平日の第一部、第二部は空席があるようですが、敵討襤褸錦、住大夫師匠の語りは人形の動きのない段をたっぷりと面白く聞かせているようで、今週末が楽しみですが、花粉の飛びようもここ何日かすさまじいものがあり、ちょっと不安です。

 さて5月文楽の公演が決まりました。 国立文楽劇場開場二十五周年記念ということで、大阪では「義経千本桜」の通し公演、東京でも同じ演目かまたはその他おなじみの演目の通し公演を期待していたのですが、案に相違して、東京ではなじみが少ない演目ばかりです。
 東京でなじみがない演目=私にとって初めての演目というこで、貴重な機会と捉え直します。一昨年大阪で住大夫師匠が語った「伊勢音頭恋寝刃」古市油屋の段を今回も師匠が語られるということで、迷うことなく第一部を推奨します。

 2009年5月9日(土) ~ 2009年5月24日(日)の日程の中から土曜を選ぶと、9日は連休が明けたばかり、23日はそろそろ雨が心配かも、ということで16日がよろしかろうと思います。


(第一部)11時開演(15時終演予定)
寿式三番叟   

伊勢音頭恋寝刃  
    古市油屋の段
    奥庭十人斬りの段

日高川入相花王   
    真那古庄司館の段
    渡し場の段  


<第二部>16時開演(19時45分終演予定)

ひらかな盛衰記
    梶原館の段
    先陣問答の段
    源太勘当の段
    辻法印の段
    神崎揚屋の段
    奥座敷の段

それぞれの演目の直近の公演は次のようになっています。

《伊勢音頭恋寝刃》  
東京では1993年 9月公演が最後です。
 古市油屋の段 竹本 織大夫(現綱大夫)/鶴澤 清治(先代)
 奥庭十人斬の段 竹本 相生大夫 /竹澤 団七
大阪は最近で、2007年 7月公演で、
 油屋の段は53分間をたっぷりと竹本 住大夫/野澤 錦糸のコンビです。
奥庭十人斬りの段 豊竹 咲大夫 /鶴澤 燕三

《日高川入相花王》
東京では何と1980年 5月が最後です。
 真那古庄司館の段
 渡し場の段
大阪は2000とこれも大分前。

《ひらかな盛衰記》
東京でも時々、直近では2006年 5月に
鶴澤燕二郎改め六世鶴澤燕三襲名披露狂言ということで、
松右衛門内より逆櫓の段が上演されていますが、今回上演の場は珍しい方だと思います。

2003年 12月
大津宿屋の段/笹引の段/松右衛門内の段/逆櫓の段
2003年 2月
 辻法印の段/神崎揚屋の段/奥座敷の段
1999年 9月
大津宿屋の段/笹引の段/松右衛門内の段/逆櫓の段
1988年 9月
ひらかな盛衰記 通し狂言
大序
射手明神の段
義仲館の段
二段目
楊枝屋の段
三段目
大津宿屋の段
笹引の段
松右衛門内の段
逆櫓の段

二段目
梶原館の段
先陣問答の段
源太勘当の段
四段目
辻法印の段
神崎揚屋の段
奥座敷の段

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』

毎日新聞に住大夫師匠と亡き吉田玉男さんの芸談の書評が載っていました。見出しは「芸の秘密を語る歴史的な回顧2編」。
住師匠のものは、日経に連載された当時目を通していたので、購入をどうしようか迷っていたのですが、やはり買いでしょうね。

◇『なほになほなほ--私の履歴書』=竹本住大夫・著
 (日本経済新聞出版社・2000円)
 ◇『人形有情--吉田玉男文楽芸談聞き書き』=吉田玉男・著、聞き手・宮辻政夫
 (岩波書店・3150円)

今週の本棚:渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20090215ddm015070015000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 6日 (金)

住大夫・文雀・和生・勘十郎  2009年2月文楽公演を語る

「あぜくら会WEB通信」公開準備号
 住大夫・文雀・和生・勘十郎  2月文楽公演を語る

あぜくら会では、今後特設ホームページを開設し、耳よりな公演情報を随時お知らせしていく予定です。ホームページ公開に先駆け、「準備号」として出演者が語る2月公演への思いを掲載しました。

ということで、

第一部   『鑓の権三重帷子』師弟競演の文雀、和生のお二人
第二部   『敵討襤褸錦』は住大夫師匠が 18年ぶりの「大安寺堤」について
第三部   『女殺油地獄』は勘十郎さん

住師匠は大安寺堤を語る難しさなどを語っています。公演には心して臨まなくては。

「あぜくら会WEB通信」公開準備号住大夫・文雀・和生・勘十郎  2月文楽公演を語る|日本芸術文化振興会
http://www.ntj.jac.go.jp/topics/news090203.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »