« 素浄瑠璃 | トップページ | 文楽と歌舞伎の忠臣蔵 »

2010年10月 5日 (火)

2010年9月文楽公演

 18日土曜日、一部二部と欲張りました。

 第一部良弁杉由来、綱大夫さんがこの公演の始まりは休演だったのが、この日は出演していました。綱大夫さんは、一時声が出ない状態が続いていましたが、だいぶよくなっているように聴きました。
 鰯売恋曳網は、文楽としては最初の上演ですが、楽しめました。

 第二部勢州阿漕浦は、住大夫師匠は素浄瑠璃としては過去2回語ったことがあるのですが、人形とともに語るのは初めてということです。最近ちょっと体力が心配な面がありましたが、この日は、引退はまだ先だと感じました。
 桂川連理柵、発端から上演するのは珍しいようですが、やはりその方がわかりやすいと思います。嶋大夫さんは、ちょっと元気よすぎるように思いました。

|

« 素浄瑠璃 | トップページ | 文楽と歌舞伎の忠臣蔵 »

「桂川連理柵」」カテゴリの記事

「鰯売恋曳網」」カテゴリの記事

「良弁杉由来」」カテゴリの記事

「勢州阿漕浦」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年9月文楽公演:

« 素浄瑠璃 | トップページ | 文楽と歌舞伎の忠臣蔵 »