2007年5月17日 (木)

2007年9月「夏祭浪花鑑」あらすじ

 5月になって初夏の爽やかさと思っていたら、やや肌寒かったり、かあっと照ったりで、気候の変化に身体がついていけなくなりそうです。

 さて、文楽東京5月公演、「絵本太功記」の通し公演が好評のようです。いつもながら気の早いことですが、9月公演のご案内です。
 推奨演目は、第一部の「夏祭浪花鑑」(なつまつりなにわかがみ)、大阪では去年の夏公演がありました。東京では久しぶりのようですが、歌舞伎でもよく演じられる演目です。
 第二部は吉田玉男さんの一周忌追善ということで、玉男さんがよく遣った管丞相が登場する「菅原伝授手習鑑」で、初段、二段の上演のためちょっと地味な演目です。

 住大夫師匠が第一部ということで、文句なく第一部にしました。(終わった後ゆっくりもできますし。)推奨日は22日土曜日、三連休の一日目です。

========================
文楽9月公演
 2007年9月8日(土) ~ 2007年9月24日(月)
 開演時間 (第一部)11時(15時30分終演予定)
<第一部>11時開演
並木千柳・三好松洛・竹田小出雲=作
夏祭浪花鑑

住吉鳥居前の段
内本町道具屋の段
道行妹背の走書
釣船三婦内の段
長町裏の段
田島町団七内の段
========================

【粗筋など】

続きを読む "2007年9月「夏祭浪花鑑」あらすじ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)