2009年3月 7日 (土)

青江下坂と葵下坂

 「敵討襤褸錦」のあらすじをまとめる時には気づかなかったのですが、「伊勢音頭恋寝刃」のあらすじをまとめた後、2月公演のプログラム、床本を見ると、「伊勢音頭恋寝刃」で重要な「青江下坂」、「寝刃」がここにも出てきていました。
 床本では、
次郎右衛門は「人の目立つを憚りて、この竹杖に刀を仕込み置きましてござる」。[…]ずばっと抜いたる刃の光[…]「青江下坂、二つ胴に敷腕、ハゝゝゝ、親重代でござります」[…]「かねて寝刃は合はせ置き、よつく切れます、ずんと切れます。」
とあります。
  「夏祭浪花鑑」では、「敵討襤褸錦」のこの箇所を受けて、「したが非人の云訳とは。青江下坂じや有まいか」(岩波日本古典文学大系『浄瑠璃集』)と使われています。

 「寝刃」についての詮索は後にして 「青江下坂」をネット上で見ると、『大辞林』「葵下坂」の項に、
越前の刀工下坂市之丞(康継)およびその子孫の鍛えた刀。徳川家康から「康」の字を賜り、刀に葵の紋を刻むことを許されたことからいう。青江下坂。
とあり、名刀であることは理解できますが、「葵」がなぜ「青江」になるのかがわかりません。

 『広辞苑 第五版』、では、「葵下坂」の項に「演劇では青江物と混同して青江下坂ともいう。」とあります。
 小学館『日本国語大辞典 第二版』では、「青江下坂」(旧仮名あをえしもさか)の項に、
(1)葵下坂を誤った語。「身が差料の此の新刀と、此青江下坂(アヲエシモサカ)と、心(なかご)をすっぱり、ちょいと程よく柄釘を抜いたり、取替ても見たり」常磐津・神路山色琫(油屋)上(1855)(2)備中国青江およびその付近でつくられた刀。
とあり、ここに出てくる「青江物」は、『日国』では、「青江派」の項に、
刀工の一派。平安後期、備中国(岡山県西部)青江の地に、安次を祖としておこる。室町時代まで続き、多くの名工を出す。この派が作った刀を青江物という
とあり、『広辞苑』の「青江物」も同趣旨です。
 『広辞苑』は演劇でと限定し、『日国』では一般論として、葵下坂を青江物と混同してあるいは誤って青江下坂というようになったということになろうかと思います。しかし、両者の時代と地域の差が大きいのに、どうして間違えるのかという疑問が残ります。

 さて、 『日国』の「葵下坂」(旧仮名あふひしもさか)の項の文例を見ると、
「これは是、重代の腰の物、あをい下坂、百三十二文で買たけれど」(浄瑠璃・義経新含状1744)「刀は名に負ふ青井下坂(シモサカ)何かは以て耐(た)まるべき、アット云って斃れたる」(落語・端物講釈1891)
の用例があり、「葵」の文字を使用していません。 
 さらに、「伊勢音頭恋寝刃」にでてくる「青江下坂」の名の由来は、二段目で、お峯が青江下坂が貢の家に崇りをなす妖刀であることを語るところに出てきますが、祖父の青江刑部(ぎやうぶ)が自ら購入した下坂に青江下坂と名づけたもので、葵とは関係付けていません。(この青江下坂が妖刀たるゆえんは後日に。)

 「伊勢音頭恋寝刃」やら、 『日国』の「あをい下坂」「青井下坂」「青江下坂」の3例やらを見ると、「葵下坂」という表現が忌避されていたのではないかという感じがします。目にした例は芸能関係に限られていますが、他の用例がどうなっているか興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

住大夫・文雀・和生・勘十郎  2009年2月文楽公演を語る

「あぜくら会WEB通信」公開準備号
 住大夫・文雀・和生・勘十郎  2月文楽公演を語る

あぜくら会では、今後特設ホームページを開設し、耳よりな公演情報を随時お知らせしていく予定です。ホームページ公開に先駆け、「準備号」として出演者が語る2月公演への思いを掲載しました。

ということで、

第一部   『鑓の権三重帷子』師弟競演の文雀、和生のお二人
第二部   『敵討襤褸錦』は住大夫師匠が 18年ぶりの「大安寺堤」について
第三部   『女殺油地獄』は勘十郎さん

住師匠は大安寺堤を語る難しさなどを語っています。公演には心して臨まなくては。

「あぜくら会WEB通信」公開準備号住大夫・文雀・和生・勘十郎  2月文楽公演を語る|日本芸術文化振興会
http://www.ntj.jac.go.jp/topics/news090203.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

「敵討襤褸錦」あらすじ

 前にご紹介したチラシに各演目のごくおおまかなあらすじが載っていますが、詳しく紹介します。ご存知の方はゴミ箱にお捨てください。上演されるのは中の巻と下の巻の一部です。


【上の巻】
 備後の入江家の家臣春藤助太夫は、若殿の慰みに舞子を抱えるため下見の使命をうけ京都園先斗(ぽんと)町の貸座敷に。朋輩の須藤六郎右衛門と組下の彦坂甚六は別の用事で京都にいたが、見物したいとのことで同席する。てるという舞子が選ばれたが、六郎右衛門は先頃からてるに執心であったので、甚六をかたらい、助太夫の子でたわけな助太郎をだまし、てるを連れ出そうとする。それを助太夫にみつかった須藤・彦坂の両人は助太夫を殺し、てるを連れて逃げ去る(先斗町)。

【中の巻】
 助太郎と若党佐兵衛が帰国し、京の出来事を伝える。助太夫の子次郎右衛門と新七は義理の兄助太郎を伴い父の仇討に出立しようとする。助太郎の実母は足手まといになる助太郎を殺す。春藤と須藤とは隣同士、六郎右衛門の妹置霜は新七の嫁にとの話が進んでいたが、新七とは添えぬ身と悟り自害する(春藤屋敷)。
 後に残った次郎右衛門の母と女房は、城下町はずれに住む。若党伊兵衛とその妹婿佐兵衛は、主人の留守中、共に自分の妻を身売りさせ、次郎右衛門等に金を渡すため、奴姿で路銀を嫁ぎつつ大坂へ向かう(身売り・道行対の花鰄(ついのはなかいらぎ))

【下の巻】
 郡山藩の加村宇田右衛門は須藤・彦坂をかくまっている。舞子を肝入りした伝六に渡す金を工面のため、六郎右衛門所持の刀を殿に買い上げてもらおうと、同藩の高市武右衛門に見せる。備前長光の刀の真贋の争いとなり、大安寺(だいあんじ、後年の歌舞伎では大晏寺と表記)堤の非人の試し斬りをすることになる(郡山八幡)。
 その非人というのは春藤兄弟で、次郎右衛門が足腰の痛みを訴え、弟新七は薬を買いに郡山まで出かける。その留守へ高市親子と宇田右衛門が来る。次郎右衛門は敵を討つ身だからと哀訴するので高市親子は試し斬りを思いとどまる。その夜ふけ(暁近く)宇田右衛門は須藤・彦坂をって立ち戻り、次郎右衛門をだまし討ちする。立ち戻った新七は瀕死の兄をみて憤るが、高市親子がきて二人を屋敷へひきとる(大安寺堤)。
 関東出立を急ぐ宇田右衛門邸を武右衛門が訪問。須藤・彦坂の所在を確認して兄弟を呼び、馬子となって入り込んだ伊兵衛・佐兵衛も見守る中、春藤兄弟は見事仇討を果たす(敵討)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月公演「敵討襤褸錦」

 冬の訪れがいつもより遅い感じでしたが、さすがに寒くなってきました。東京12月公演は人間国宝が出演しないと言うことで、平日はがらがらのようですが、6日の土曜日は満員(大相撲と違って、文字通り)でした。まとまりのある場の上演でわかりやすく、力を付けてきた中堅も見受けられました。

 さて、2月文楽公演の演目が決まり、次の所にチラシがアップされています。

公演情報 詳細|日本芸術文化振興会|2月文楽公演
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/2400.html

 今回は第一部 鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)、第三部女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)とおなじみの近松もので、魅力がありますが、第二部 敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)を住大夫師匠が1991年以来久しぶりに語ることになりました。なじみが薄い演目ですが、おそらく住大夫師匠が公演で語るのは最後となろうかと思いますので、この演目を推奨いたします。
 多少は暖かくなることを期待して、千秋楽の前日2月21日土曜14時30分からを推奨日とします。

敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)三巻。浄瑠璃。文耕堂・三好松洛合作。元文元年(一七三六)五月十二日大阪竹本座、『十二段長生島台』の切浄瑠璃として初演。歌舞伎化されてしぱしば上演されたそうです。

2009年2月6日(金) ~ 2009年2月22日(日)
開演時間 (第一部)11時(13時40分終演予定)
(第二部)14時30分(17時40分終演予定)
(第三部)18時30分(21時終演予定)
<第一部>11時開演
近松門左衛門=作
野澤松之輔=脚色・作曲
鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)   

<第二部>14時30分開演
敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)
 春藤屋敷出立の段
 郡山八幡の段
 大安寺堤の段

<第三部>18時30分開演
近松門左衛門=作
女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)