2009年4月12日 (日)

2006年3~年末の投稿掲載

 2006年3月から年末までのひらめサイト・錦糸サイトへの投稿記事を掲載しました。これ以降、両サイトへの投稿はなんとなく途絶えてしまいました。
 ひらめさんのサイトは2007年末で閉鎖されてしまったことは残念なことです。

 一番古い記事は次のところです。すでにアップ済のものと入り混じっていることをご容赦ください。
以良香の文楽・浄瑠璃メモ: ちょっと残念 5月公演

 話題は、六世鶴澤燕三襲名、新燕三さんと住大夫師匠、「都美人 紋寿好み」というお酒、大阪での文楽体験、文楽の原作を読むために、などです。
 以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 玉男さんの俊寛、もう見ることがかなわないとはの記事を読み返して、最近DVDが発行された「NHKスペシャル 人間国宝ふたり ~吉田玉男・竹本住大夫~(2001年1月13日 NHK総合テレビ)」の放映当時の玉男さんをあらためて思い起こしたことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

2006年1月2月の記事をアップ

2006年の1月と2月の夏の時期の記事をアップしました。以前アップ済のものが入り混じっている点をご容赦ください。
一番古い次の記事から遡って下さい。

以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 勘平 浄瑠璃では切腹だったようです

話題は、『仮名手本忠臣蔵』の勘平(判官切腹と勘平腹切と使い分けられているが、文楽では元来どちらも切腹だったようだ、勘平の段は六段目、通常の時代物の三段目に当たる重要な段、勘平の死の存在は義士たちにとってどんな意味を有していたか)、人形の出遣いと黒衣、劇場での拍手などです。
かなり長い記事が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

2005年9月から12月記事のアップ

2005年9月から年末の時期の記事をアップしました。以前にアップ済のものが入り混じっている点をご容赦ください。

中で一番古い記事は三宅周太郎『文楽の研究』岩波文庫版購入となります。

 話題は、三宅周太郎『 文楽の研究』創元文庫版と岩波文庫版、口絵の比較、住大夫師匠と寺子屋の段、溝口健二『西鶴一代女』 と若き日の住師匠、2006年2月公演などです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

2005年5月から8月の記事をアップ

2005年の夏の時期の記事をアップしました。以前アップ済のものが入り混じっている点をご容赦ください。

一番古い記事は以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 「演劇としての『近松』――『曽根崎心中』を弾いてみると――」講演アップのお礼になります。

 話題は、 錦糸さんの東京女子大学講演会「演劇としての『近松』――『曽根崎心中』を弾いてみると――」、三宅周太郎『 文楽の研究』の復刊、演目と配役の決まり方、夏の暑さと人形遣い、1950年代の「三和会」と「因会」への分裂、安藤鶴夫他『文楽』(日本の伝統③)などです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月から2005年5月の記事をアップ

2005年の春から夏にかけての記事をアップしました。以前アップ済のものが入り混じっている点をご容赦ください。

 3月は以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 歌舞伎と文楽の文献情報だけが新規のもので、他はすでにアップ済のものです。

 4月は以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 「ひもじい」と「もったいない」が一番古いものです。順に上にたどってください。
 話題は、「伽羅先代萩」についての錦糸さんの発言について、千歳大夫さんについてなどです。

 5月は以良香の文楽・浄瑠璃メモ: グランドアークほか半券サービスが一番古いものです。
 話題は、「伽羅先代萩」に出てくる雀と鼠について、9月公演の予想と、決まった演目についてなどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

2004年11月12日から2005年3月5日記事をアップ

2004年11月12日から2005年3月5日記事をアップ
下記記事から新しい方へたどって下さい。

話題は、字幕スーパー、『浄瑠璃素人講釈(下)』、2005年2月公演(「伊賀越道中双六 沼津の段」、「嫗山姥 廓噺の段」「壇浦兜軍記」)です。沼津については、たくさんの記事があります。
過去にアップした記事が一部混じっている点をご容赦ください。

以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 字幕スーパー イヤホンガイド 床本
http://iraka.tea-nifty.com/butai/2004/11/post-8144.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月28日から11月9日の記事をアップ

タイトルの通り過去記事のアップです。実際の作業は25日に完了していました。
話題は「十二段」「義経千本桜」道行初音旅などです。下記のところから新しい方にたどってください。

以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 「十二段」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

2004年9月12日から同27日記事をアップ

タイトルの通りです。下記記事から新しい方へたどって下さい。

話題は、菊の節句、大阪公演2005年1月「伊賀越道中双六 沼津の段」、暦に関するトリビア、十二段について住大夫師匠のお話、などです。

以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 菊の節句 他

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月18日 (日)

2004年5月13日から同年9月1日分をアップ

タイトルのようにアップしました。錦糸サイトへの書きこみが主ですが、ひらめサイトへの書き込みですでにアップしてあったものと入り混じっています。わずらわしくてもうしわけありません。
話題は、妹背山女庭訓、伊賀越道中双六、仮名手本忠臣蔵、十二段などです。次のところから新しい方向にたどってください。

以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 妹背山「通し」愚考

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

2004年5月「妹背山女庭訓」についての記事続き

「妹背山女庭訓」2004年5月の通し公演についての記事の続きです。次のところから新しい記事をたどっていってください。
以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 三輪大明神 ほか

「妹背山女庭訓」の章句の異同についての記事に関連して、「曽根崎心中」の異同についての記事があります。
以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 「曽根崎心中」の異同について

| | コメント (0) | トラックバック (0)