2009年3月 7日 (土)

青江下坂と葵下坂

 「敵討襤褸錦」のあらすじをまとめる時には気づかなかったのですが、「伊勢音頭恋寝刃」のあらすじをまとめた後、2月公演のプログラム、床本を見ると、「伊勢音頭恋寝刃」で重要な「青江下坂」、「寝刃」がここにも出てきていました。
 床本では、
次郎右衛門は「人の目立つを憚りて、この竹杖に刀を仕込み置きましてござる」。[…]ずばっと抜いたる刃の光[…]「青江下坂、二つ胴に敷腕、ハゝゝゝ、親重代でござります」[…]「かねて寝刃は合はせ置き、よつく切れます、ずんと切れます。」
とあります。
  「夏祭浪花鑑」では、「敵討襤褸錦」のこの箇所を受けて、「したが非人の云訳とは。青江下坂じや有まいか」(岩波日本古典文学大系『浄瑠璃集』)と使われています。

 「寝刃」についての詮索は後にして 「青江下坂」をネット上で見ると、『大辞林』「葵下坂」の項に、
越前の刀工下坂市之丞(康継)およびその子孫の鍛えた刀。徳川家康から「康」の字を賜り、刀に葵の紋を刻むことを許されたことからいう。青江下坂。
とあり、名刀であることは理解できますが、「葵」がなぜ「青江」になるのかがわかりません。

 『広辞苑 第五版』、では、「葵下坂」の項に「演劇では青江物と混同して青江下坂ともいう。」とあります。
 小学館『日本国語大辞典 第二版』では、「青江下坂」(旧仮名あをえしもさか)の項に、
(1)葵下坂を誤った語。「身が差料の此の新刀と、此青江下坂(アヲエシモサカ)と、心(なかご)をすっぱり、ちょいと程よく柄釘を抜いたり、取替ても見たり」常磐津・神路山色琫(油屋)上(1855)(2)備中国青江およびその付近でつくられた刀。
とあり、ここに出てくる「青江物」は、『日国』では、「青江派」の項に、
刀工の一派。平安後期、備中国(岡山県西部)青江の地に、安次を祖としておこる。室町時代まで続き、多くの名工を出す。この派が作った刀を青江物という
とあり、『広辞苑』の「青江物」も同趣旨です。
 『広辞苑』は演劇でと限定し、『日国』では一般論として、葵下坂を青江物と混同してあるいは誤って青江下坂というようになったということになろうかと思います。しかし、両者の時代と地域の差が大きいのに、どうして間違えるのかという疑問が残ります。

 さて、 『日国』の「葵下坂」(旧仮名あふひしもさか)の項の文例を見ると、
「これは是、重代の腰の物、あをい下坂、百三十二文で買たけれど」(浄瑠璃・義経新含状1744)「刀は名に負ふ青井下坂(シモサカ)何かは以て耐(た)まるべき、アット云って斃れたる」(落語・端物講釈1891)
の用例があり、「葵」の文字を使用していません。 
 さらに、「伊勢音頭恋寝刃」にでてくる「青江下坂」の名の由来は、二段目で、お峯が青江下坂が貢の家に崇りをなす妖刀であることを語るところに出てきますが、祖父の青江刑部(ぎやうぶ)が自ら購入した下坂に青江下坂と名づけたもので、葵とは関係付けていません。(この青江下坂が妖刀たるゆえんは後日に。)

 「伊勢音頭恋寝刃」やら、 『日国』の「あをい下坂」「青井下坂」「青江下坂」の3例やらを見ると、「葵下坂」という表現が忌避されていたのではないかという感じがします。目にした例は芸能関係に限られていますが、他の用例がどうなっているか興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月23日 (水)

干鰯とたつくり

【錦糸サイト 喜美子さん】

《知らなんだ! ..喜美子

先般、芝居好きの友人と話していた時の話です。「沼津」のなかで出てくる≪干鰯≫って何か知ってる?という話題に。
・・干した鰯でしょ?
・・干した鰯ったって、食べ物じゃない。肥料として田畑に播く物なのよ。

つまり、平作の家は肥料の干鰯すらない極貧の所帯という事になる。【後略】》2005/02/21(月) 14:53

 干鰯が肥料だったとの喜美子さんの書き込みを読んで、正月のおせち料理の一つ「たつくり」との関連をインターネットで確かめました。

 愛知県知多町にある豊浜漁港、豊浜水産物加工業協同組合と愛知県食品工業技術センターが共同で開発した良質な魚醤『しこの露』のHPから要点を抜粋します。
http://www.aiweb.or.jp/toyohama/html/shiko3.htm

 普通イワシというと、「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」の3種を指します。カタクチイワシはそのうちもっとも小さい種類[…]、稚魚や幼魚で 2cm ほどのものを「しらす」「ぼうずしらす」「どろめ」、[…]などと呼びます。
 […]刺身にするとマイワシよりおいしいといわれます。ただ鮮度落ちが非常に早いので、[…]ほとんどが飼料や肥料になり、食用にされるものは煮干しやたつくり、みりん干しやアンチョビなどに加工されます。
 […]お正月料理の「たつくり」は「しらす」を干物にしたもので、地域によっては「ごまめ」と呼びます。
 江戸時代の農村では鰯などの小魚を干して肥料にしていました。この肥料を「干し鰯(ほしか)」といいます。カタクチイワシは田んぼを作るのに大切な魚だったので、「田作り」と呼ばれるようになったのです。「ごまめ」はもともと「ゴマ目」で、ゴマのように小さな目をした魚という意味でしたが、後に「五万米」と書くようになりました。[…]、米が五万俵もとれるという縁起のいい漢字を当てています。
 [以上抜粋]
 沼津といえば有数の漁港の一つ、江戸時代には干鰯と沼津の結びつきは強かったと思われます。
 正月料理といえば、数の子、たつくりのもとのイワシ、どちらも庶民的な食べ物だったのが、いつのまにやら高価なものになってしまいました。

2005/02/23(水)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月18日 (火)

仇討ち説は新説??

【錦糸サイト 君子さん】

《めでたい事におさめたい

錦糸も仇討ち説を知っていました。

【中略】
参考までに、
一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭なのだそうです。「俚言集覧」

ここで錦糸が一言。「芝居好きには仇討ち説がぴったり来る」 》2005/01/15(土) 23:27

【同 ルネさん】
《【前略】以良香さま
初夢に関してはよくわかりませんでした。
「駿河の名物」と書かれているところがいちばん多かったような。
なかなか難しいですね。 》2005/01/18(火) 15:25


喜美子さん、『故事ことわざ辞典』(東京堂出版)のご紹介ありがとうございました。ルネさん、調査ありがとうございます。
 同辞典で挙げている典拠は『日本国語大辞典』(小学館)の<語源説>に網羅されています。
 (1)本来は駿河の国の諺で、駿河の名物を順に挙げたもの[『笈埃随筆』『俚言集覧』『嬉遊笑覧』]。
 (2)駿河の国の高いものを順に挙げたもので、一に富士、二に足高山、三に初茄子の値段のこととし、徳川家康がいいだした[『甲子夜話』]。
 (3)縁起の良い物を順に挙げた(富士は高大、鷹はつかみ取る、茄子は成す)[『続五元集』]。
 ということで、『故事ことわざ辞典』に挙げる文献をたどっても、仇討ち説は残念ながら見あたりそうもありません。『八犬伝』も「その初夢の富士茄子、鷹と犬とは朋輩の犬物語をつくしぬる」ということのようで、語源説へのヒントはないようです。
 「文学とお茶のある生活」(河上雅哉)
http://www.geocities.jp/web_mk/literature/gekihyou/gekihyou_numazu.html
には、
「円楽師匠だったか米朝師匠だったかが話されていた覚えがあります。」とありました。
 仇討ち説は比較的新しいものかなという感じですが、発想がユニークなので受け入れやすい説かなというのがとりあえずの結論です。
[2005-01-19一部加筆訂正]

2005/01/18(火)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月11日 (火)

荒木又右衛門と初夢の関連

【錦糸サイト】

細かなことに(も?)興味を抱く以良香です。今年もよろしくお願いいたします。
 大阪でも字幕が始まったこと、某サイトでも話題になっていますが、東京は舞台の両枠に縦に表示されている(12月13日に書き込んでいます)とはスタイルが違うようですね。見比べていませんから断定はできませんが、国立小劇場スタイルの方がよいような気がします。

 さて、「沼津の段」からは離れますが、「伊賀越道中双六」といえば、荒木又右衛門。又右衛門と初夢の関連について、昨年末文楽仲間とやりとりをしました。【以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 「一富士二鷹三茄子」と仇討ち=茄子と荒木又右衛門
http://iraka.tea-nifty.com/butai/2004/12/post_3279.html

 初夢について見るとめでたいとよくいわれる「一富士、二鷹、三なすび」。そのいわれですが、富士の裾野で仇討ちをした曾我の五郎、十郎し、忠臣蔵の浅野家の家紋「違い鷹の羽」、そして伊賀(茄子の産地)で仇討ちをした荒木又右衛門の家紋がなすび。共通点は「仇討ち」という説があり、その方はお父上から聞かれたそうです。
 インターネット上で調べたところ、このようないわれに言及しているサイトはいくつかありましたが(「かぶきのおはなし」 http://www2.rosenet.ne.jp/~spa/kabuki/index.html など)が、いつごろどのあたりから言われたかを、典拠を挙げているところはないようです。(因みに小学館の『日本国語大辞典』では3つも説を挙げていますが、仇討ち説は出ていません。)
 どなたかご存知の方がいらっしゃると嬉しいのですが。

2005/01/11(火)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

「一富士二鷹三茄子」と仇討ち=茄子と荒木又右衛門

【文楽仲間へのメール】

 「一富士二鷹三茄子」と仇討ち=茄子と荒木又右衛門というのは、インターネット上ではかなり流布しているようです。とりあえず荒木又右衛門と初夢の結びつきがわかったところであまり詳しくは見ていないのですが、いずれも出典があきらかでなく、また権威がありそうなサイトで触れているところがあまり見あたりませんでした。

 比較的確度が高そうなところの一つは「家紋の湊」 サイトです。
http://www.otomiya.com/kamon/index.htm

> 「家紋の湊」では二千点に及ぶ家紋辞典と、コンビニエンスなデータサービス、楽しい家紋の使い方を提案をしています。日本の伝統文化「家紋」をぜひ身近にご活用下さい。

 「家紋の湊」→植物→茄子(なすび)で情報が得られます。直接ですと、次のURLへ

http://www.otomiya.com/kamon/plant/nasubi.htm

 もうひとつは、知泉のHP です。
http://www.elrosa.com/

 2月23日「知泉2」発売さらに濃密な雑学を!ということで、二見書房から1000円で本を出すようです。本になるから確度が高いわけではないのですが、売ろうという以上、あまりむちゃなことはしないでしょう。

 直接には、雑学大作戦:知泉の中の次のページに直接。
http://www.elrosa.com/tisen/82/82476.html

 なお、こういう調べものには、Googleが便利です。
http://images.google.com/webhp?hl=jaキーワードとしては、荒木又右衛門と荒木又衛門と両方がありましたので、

荒木又 茄子

をキーワードに入れると、あらかたヒットします。

 あとは「一富士二鷹三茄子」で調べる手がありますが、きっと大量にヒットするでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

暦に関するトリビア

【錦糸サイト】

 いわゆる暦(旧暦)に関する話ではありませんが、トリビアの泉(たまに見ます)で今の暦というかカレンダーに関する話題がありましたね。
 ご覧になってない方のために記してみますと、4月4日、6月6日、8月8日、10月10日、12月12日の曜日が同じというものです。ちょっと考えれば、そうなるのはあたりまえですが、発見した人は偉い。
 五節句が陽の月であるのと対照的に、偶数月の同じ日との組み合わせ、文楽の世界とは時代の違う暦の話ですが、ご紹介しました。

2004/09/15(水)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月12日 (日)

菊の節句 他

【錦糸サイト 喜美子さん】
《重陽の節句

今日は9月9日、五節句のひとつ重陽です。
旧暦ですと菊の花の盛りの頃。
もちろんこれも旧暦の話ですが、天武天皇の崩御の日が、朱鳥元年(686)9月9日、この日です。
皇室の紋章は菊。何か関係あるのかしら、とふと思いました。

以良香さま
以前、年月日の重なりについて面白い記事、ありがとうございました。これはどういう風にして調べるのですか。お邪魔でなくば、お教えください。 》2004/09/09(木) 14:07

喜美子 様
 Googleで天皇家の菊の紋章について検索してみたところ、明治神宮のHP「Q&A」の中に、菊は日本には中国を通じて奈良時代に輸入されたとありました。天武14年の菊の宴の始まりという記事、わずかな差ですが、調査すると面白そうです。
 また天皇家の紋章については、同所に、「後鳥羽上皇が個人的に菊を好まれ刀や輿車・御服などに菊紋をつけましたが、それが代々天皇家にて受け継がれていき、いつしか皇室の御紋章となったのです。」とありました。

年月日の重なりについて
 Googleで、例えば、子の年 子の月とキーワードを入れてやり、表示される21件(今日現在)をチェックします。丑だと40件、同じ対象を別のHPで紹介していることも多いし、面白いものに当たるかは保証の限りでないので、あとは根気です。

2004/09/12(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

年月日の重なり

【錦糸サイト 喜美子さん】
《知っていますか?

今日は申の年,申の月、申の日、で申が三つ重なる幸運の日なのだそうです。【中略】有名なのでは、「合邦」で寅の年、寅の月寅の日寅の刻、に生まれた女、の話。昔の人の暦による因縁話、知りたいものです。覚えきれないかもね。》2004/08/09(月) 08:30


 年、月、日(、刻)での十二支の重なりをインターネットで調べたところ、近いところでは芥川龍之介が辰年、辰の月、辰の日、辰の刻に生まれたので「龍之介」と名付けられたというのが出てきました。
 その他徳川家康、源頼朝、聖徳太子などなどが生まれなどについて十二支の縁があると伝えられています。面白いのですが、かなりたくさんありそうなので途中で探索をやめました。

 文楽との関わりでは、承和十二(845)年・乙丑、丑の月、丑の日丑の刻の誕生と伝えられている菅原道真がありました。天神さまは牛の背に乗った姿で描かれる事が多いそうです。
 東京公演を待つ徒然に。

2004/08/09(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)