2009年3月 7日 (土)

青江下坂と葵下坂

 「敵討襤褸錦」のあらすじをまとめる時には気づかなかったのですが、「伊勢音頭恋寝刃」のあらすじをまとめた後、2月公演のプログラム、床本を見ると、「伊勢音頭恋寝刃」で重要な「青江下坂」、「寝刃」がここにも出てきていました。
 床本では、
次郎右衛門は「人の目立つを憚りて、この竹杖に刀を仕込み置きましてござる」。[…]ずばっと抜いたる刃の光[…]「青江下坂、二つ胴に敷腕、ハゝゝゝ、親重代でござります」[…]「かねて寝刃は合はせ置き、よつく切れます、ずんと切れます。」
とあります。
  「夏祭浪花鑑」では、「敵討襤褸錦」のこの箇所を受けて、「したが非人の云訳とは。青江下坂じや有まいか」(岩波日本古典文学大系『浄瑠璃集』)と使われています。

 「寝刃」についての詮索は後にして 「青江下坂」をネット上で見ると、『大辞林』「葵下坂」の項に、
越前の刀工下坂市之丞(康継)およびその子孫の鍛えた刀。徳川家康から「康」の字を賜り、刀に葵の紋を刻むことを許されたことからいう。青江下坂。
とあり、名刀であることは理解できますが、「葵」がなぜ「青江」になるのかがわかりません。

 『広辞苑 第五版』、では、「葵下坂」の項に「演劇では青江物と混同して青江下坂ともいう。」とあります。
 小学館『日本国語大辞典 第二版』では、「青江下坂」(旧仮名あをえしもさか)の項に、
(1)葵下坂を誤った語。「身が差料の此の新刀と、此青江下坂(アヲエシモサカ)と、心(なかご)をすっぱり、ちょいと程よく柄釘を抜いたり、取替ても見たり」常磐津・神路山色琫(油屋)上(1855)(2)備中国青江およびその付近でつくられた刀。
とあり、ここに出てくる「青江物」は、『日国』では、「青江派」の項に、
刀工の一派。平安後期、備中国(岡山県西部)青江の地に、安次を祖としておこる。室町時代まで続き、多くの名工を出す。この派が作った刀を青江物という
とあり、『広辞苑』の「青江物」も同趣旨です。
 『広辞苑』は演劇でと限定し、『日国』では一般論として、葵下坂を青江物と混同してあるいは誤って青江下坂というようになったということになろうかと思います。しかし、両者の時代と地域の差が大きいのに、どうして間違えるのかという疑問が残ります。

 さて、 『日国』の「葵下坂」(旧仮名あふひしもさか)の項の文例を見ると、
「これは是、重代の腰の物、あをい下坂、百三十二文で買たけれど」(浄瑠璃・義経新含状1744)「刀は名に負ふ青井下坂(シモサカ)何かは以て耐(た)まるべき、アット云って斃れたる」(落語・端物講釈1891)
の用例があり、「葵」の文字を使用していません。 
 さらに、「伊勢音頭恋寝刃」にでてくる「青江下坂」の名の由来は、二段目で、お峯が青江下坂が貢の家に崇りをなす妖刀であることを語るところに出てきますが、祖父の青江刑部(ぎやうぶ)が自ら購入した下坂に青江下坂と名づけたもので、葵とは関係付けていません。(この青江下坂が妖刀たるゆえんは後日に。)

 「伊勢音頭恋寝刃」やら、 『日国』の「あをい下坂」「青井下坂」「青江下坂」の3例やらを見ると、「葵下坂」という表現が忌避されていたのではないかという感じがします。目にした例は芸能関係に限られていますが、他の用例がどうなっているか興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

「伊勢音頭恋寝刃」あらすじなど

大阪の公演に縁がなかったため、歌舞伎によるあらすじをまとめてみました。文楽では改変があるかも。

伊勢音頭恋寝剱(いせおんどうこいのねたば) 四幕七場。歌舞伎。近松徳三作。番付には他に辰岡万作・二世並木正三らの名がみえる。「いせおんどこいのねたば」とも。角書は「去し噂の青江下坂、十人切子の大座敷」。寛政八年(一七九六)七月二十五日より大阪角の芝居(座本藤川八蔵)にて初演。天保九年(一八三八)七月大阪稲荷の文楽座で操りに移され、その後の改訂作が文楽の人気曲となっている。歌舞伎では、いろいろな場が残っているが、文楽では、油屋と十人切りだけが残る。

【題材】寛政八年五月四日夜、伊勢古市の遊廓油屋で宇治山田の医者孫福斎(まごふくいつき)が仲居のおまんほか数名を殺傷し、同月六日伯父である御師(おし)の家で自刃した事件を、阿波のお家騒動と青江下坂(あおえしもさか)の刀の詮議にからめて劇化した際物。

【あらすじ】
序幕-阿波の国の家老の今田九郎右衛門の倅万次郎は名刀青江下坂詮議のため伊勢に来たが、伊勢古市の遊郭油屋の女郎お岸と深い仲となって金に困り、せっかく手に入れた刀を銅脈金兵衛に質入れする。その上、刀の折紙までお家横領を企む梶川大学(阿波の当主の叔父)の甥岩次一味にすり替えられる。伊勢の神領を支配する藤浪左膳は、福岡貢(みつぎ)に刀の詮議を依頼する。貢は御師福岡孫太夫の養子となっているが、今田家はかつての主筋であり、一命に替えても刀を探し出すと誓う。

二幕目―孫太夫の家。孫太夫は不在で、その弟の猿田彦太夫は、太々講(だいだいこう)の金百両を甥の正直正太夫に盗ませ、罪を貢に負わせようとするが、貢の叔母おみねの機知によって彦太夫と正太夫の悪事があらわれる。一方、刀を質に取り行方をくらましていた金兵衛は、おみねに刀を売っていたが、おみねが代金を払わないので騙(かた)りだと騒ぎ立てる。おみねは彦太夫から取り立てた百両でこれを支払い、刀を貢に与える。

三幕目-「古市油屋段」貢は刀を万次郎に渡そうと油屋に来る。この店には、貢が馴染みにしている遊女お紺がいた。お紺に会いたいと仲居の万野(まんの)に言うが、お紺は岩次(じつは徳島城下の商人藍玉屋北六)と芝居見物でまだ戻らないという。万次郎を待つために帰るわけにいかない貢は、万野にうるさく言われ代わりの遊女を呼ぶことになる。登廓する場合茶屋に刀を預けるのが習いであるため、料理人の喜助(貢の父親に奉公した縁がある)が預かってくれることになった。岩次がその刀の中身を自分の刀とすり替えてしまう。それを喜助が見ていて、元へ戻そうとするが、貢が帰るときに岩次の刀を渡せばよいとそのままにする。
 代わり妓のお鹿は、貢に惚れていた。貢と手紙のやりとりもし金も用立てているのにつれないと貢に泣きつくが、身に覚えがない貢は困惑する。そこへお紺が北六たちと入ってくる。お鹿にあてた貢の手紙というのは万野が取り次いだもので偽物だったが、万野はシラを切り、北六たちも貢をののしる。お紺は岩次が持っている折紙を取るために、岩次になびくふりで貢に愛想づかしを言う。さんざん罵られて突き出された貢は憤激して去るが、この時、貢の家来筋の喜肋は、間違えたふりをして岩次の刀(中身は青江下坂)の方を渡す。後に残ったお紺は、北六を安心させて、折紙を手に入れた。
 万野は貢に渡った刀の中身が下坂だったことを思い出し、刀を取り替えて来いと喜助に命じ、喜助は駆け出していく。万野は、喜助が貢の家来筋だと立ち聞きしていたことを思い出しあわてて後を追う。
 「奥庭の十人切りの段」貢は刀を取り替えられたことに気づき引き返しす。お紺から折紙を受け取り彼女の真意を知る。貢は万野に刀を返せと迫り、万野も貢の持つ刀を返せと争うはずみに、貢は誤って万野を斬る。元来この刀は貢の家に崇りをなす妖刀であったから、貢は万野に続いて次々と岩次一味やお鹿を斬る。

四幕目―貢は叔母の家に駆けこんで切腹する。そこへ駆けつけた喜助の説明で、貢の所持する刀が青江下坂とわかり、貢の傷も浅く、お家騒動解決の知らせも届く。

 殺し場の惨劇は賑やかな伊勢音頭を背景とし、夏の季節感と伊勢の地方色が好まれて、歌舞伎では「油屋」の場を中心とする上演が現在まで繰り返されている。中でも貢の役は苦境に耐える辛抱立役の典型とされ、上方と江戸それぞれに洗練された型がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)