2009年5月18日 (月)

文楽2009年9月公演、「艶容女舞衣」 酒屋の段 あらすじなど

文楽東京9月公演第二部は、
 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)沼津の段
 艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ) 酒屋の段
ということで、住大夫師匠は当然、お好きな演目の一つ、沼津の段となります。

 沼津の段は、前回が2005年2月。あらすじは次の所にアップしてあります。また関連する話題がいくつかあります。左のカテゴリーの「伊賀越道中双六」をクリックして下さい。
以良香の文楽・浄瑠璃メモ: 2005年2月「伊賀越道中双六 沼津の段」「嫗山姥 廓噺の段」
http://iraka.tea-nifty.com/butai/2004/12/20052_4211.html

 酒屋の段のあらすじなどを次に掲載します。

艶容女舞衣 通称・酒屋、三勝半七
世話物 竹本三郎兵衛・豊竹応律
安永元年(1772)、大阪豊竹此吉座初演

茜屋半七と女舞芸人笠屋三勝の心中事件は、当時多くの芝居や浄瑠璃に取り上げられたが、現在はこの作品のみが残り、上演されるのもこの段。二人よりも、周囲の人々、中でも半七の妻お園に重点が置かれている。
[酒屋の段]
 大阪上塩町の酒商人「茜屋」の主人半兵衛の息子半七は、女舞芸人の三勝と深い仲になり、お通という子をもうけている間柄だが、半兵衛はこの仲を許さず、宗岸の娘お園と結婚させた。お園は嫁として半兵衛夫婦によく仕えるが、半七は三勝とのことがあってお園に手も触れていない。半兵衛は半七を勘当し、お園は実家に引き取られている。
 茜屋へ酒を求めに現れた三勝は、丁稚の長太にお通を預け姿を消す。お園は宗岸に伴われ、再び嫁として迎えてくれと頼みに来るが、半兵衛は、お園のためを思って承知しない。半七は、三勝に横恋慕する今市善右衛門と争って殺してしまい、人殺しの罪で追われる身であった。身代わりに半兵衛が引き立てられたあと、お園は一人残って半七を思ってかきくどく。そこへ、お通が手紙を届ける。手紙は半七の書き置きで、来世はお園と添い遂げるとある。人々は二人の安否を気遣うが、半七は三勝と連れ立って千日寺へ向かっていた。

 お園が半七を思っての「今ごろは半七つぁん、どこにどうしてござろうぞ」は女性がその思いを表現する「クドキ」の代表的なものとして有名。

【収録文献】
日本古典文学大系99 文楽浄瑠璃集
頼桃三郎 校訂「艶容女舞衣」岩波文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)