2010年2月12日 (金)

「大経師昔暦」あらすじ

すでに東京公演中ですから、今更の感がありますが、上演されるのは「奥丹波隠れ家」まで、近松の原作では最後にどうなっているか、紹介しておきます。


大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)浄瑠璃。世話物。三巻。近松門左衛門作。正徳五年(一七一五)春大坂竹本座初演。京都烏丸通り四条下ルの大経師浜岡権之助(剃髪後意俊と名乗る)の妻さんが、手代茂兵衛と密通した事件を脚色したもの。両人は二人の媒介をした下女の玉とともに丹波国氷上郡山田村にひそんでいたところを捕えられ、天和三年(一六八三)九月二二日に三人ともに、洛中引き回しの上粟田口で処刑された。本曲はその三十三回忌にあたる年に上演され、年忌浄瑠璃としての特色を持つ。
【あらすじ】 上巻―京都四条烏丸の大経師以春の妻おさんは、実家から金の調達を依頼され、その金策を店の手代茂兵衛に頼む。茂兵衛は主人の実印を白紙に押そうとするところを同僚の助右衛門に発見される。茂兵衛に思いを寄せる下女玉が罪を引き受けようとするが許されず、隣家の二階に預けられる。一方おさんは、夫以春が下女玉の寝所に忍んで来ることを知り、夫をこらしめようと、玉と寝床を替わる。茂兵衛は自分をかばってくれた玉の思いに答えようと、玉の寝所に忍び込む。おさんと茂兵衛ははからずも不義を起こしてしまう。二人は家を逃げ出す(大経師以春屋敷)。中巻―玉は岡崎村に住む伯父の講釈師赤松梅竜の家に預けられる。おさんと茂兵衛はそこへ逃げてくる。おさんの両親岐阜屋道順夫婦が偶然尋ねてきて、悲運を悲しむが、二人に金を与えて去る(赤松梅竜宅)。下巻―おさん・茂兵衛は奥丹波柏原に逃れ住んでいたが、丹後宮津に逃れようとして捕らえられる。梅竜がおさん茂兵衛に不義はなく、すべての罪は玉にあると、玉の首桶を提げてやってくる。しかし、証人である玉がいなくては、無罪を証明することはできなくなった。(奥丹波隠れ家)。二人は京の町を引き回される。(おさん茂兵衛暦歌)処刑されようとするとき、黒谷の東岸和尚が駆けつけ、衣の徳によって二人の命を救う(刑場)。
【特色】同題材の西鶴作の『好色五人女』巻三があり、おさんの積極的な恋情と、それにつき動かされていく茂兵衛を描いたのに対し、近松作では二人の不義を当人達の意志によらない、偶然の過ちとして描いている。最後に両名の命を救うのはあまりに唐突だが、ここに年忌浄瑠璃の特色がみられる。本作は元文五年(一七四〇)近松門左衛門の十七回忌追善の切浄瑠璃として、『恋八卦柱暦』と改題して上演され、その後もさらに増補されて歌舞伎や浄瑠璃で上演された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)