2009年2月15日 (日)

渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』

毎日新聞に住大夫師匠と亡き吉田玉男さんの芸談の書評が載っていました。見出しは「芸の秘密を語る歴史的な回顧2編」。
住師匠のものは、日経に連載された当時目を通していたので、購入をどうしようか迷っていたのですが、やはり買いでしょうね。

◇『なほになほなほ--私の履歴書』=竹本住大夫・著
 (日本経済新聞出版社・2000円)
 ◇『人形有情--吉田玉男文楽芸談聞き書き』=吉田玉男・著、聞き手・宮辻政夫
 (岩波書店・3150円)

今週の本棚:渡辺保・評 『なほになほなほ…』/『人形有情…』 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20090215ddm015070015000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月24日 (水)

『文楽のこころを語る』文庫に

 前の記事を書いてから、Googleで検索をかけたところ、来年1月に文春文庫として刊行されるとの情報がありました。
 単行本は持っていますが、手が入っていたり、解説者によっては購入することになるでしょう。
 単行本が税込み2000円のところ、文庫は同じく660円とのことでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

住大夫師匠『文楽のこころを語る』聞書・構成者、和楽舎代表、山本千恵子さんインタビュー記事

 住大夫師匠からの話をまとめた『文楽のこころを語る』(文芸春秋)の聞書・構成を行ない、それが縁で師匠の語りを中心に、文楽のCDを製作・販売している和楽舎代表の山本千恵子さんのインタビューが毎日新聞に掲載されました。

私のスタイル:和楽舎代表・山本千恵子さん - 毎日jp(毎日新聞)

 文楽を広める活動を始めた経緯、『文楽のこころを語る』が1万部売れたこと、「CDは簡単には売れないよ」という師匠を説得したことなどが語られています。
 
 前にもどこかで見かけましたが、記事の中で「竹本さん」と繰り返されています。歌舞伎・落語ではどう書いているのかちょっと気になりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

文楽の原作を読むために

【ひらめサイト】
しのぽぃ様

 ひらめさんご紹介の故・鶴澤八介さんのHPの中の、図書・資料室第5章が「文楽の原作を読む」となっていますが、岩波の新日本古典文学大系以外は絶版あるいは品切れですが、岩波の古典文学大系、小学館の日本古典文学全集はよく古書店でみかけます。

 このリストの中にないもので入手しやすいものを挙げておきます。*以外は絶版あるいは品切れですが、古書店を丹念に漁るとそれほど高くない価格で入手できます。収録されているタイトルをわかる範囲で挙げておきました。
<日本古典全書=朝日新聞社>
『近松門左衛門集 上』(高野正已校注)
世継曾我、出世景清、曾根崎心中、<源五兵衛おまん>薩摩歌、用明天皇職人鑑、心中二枚絵草紙
『近松門左衛門集 中』(同上)
けいせい反魂香、碁盤太平記、心中重井筒、心中万年草、丹波与作待夜のこむろぶし、堀川波鼓、淀鯉出世滝徳
『近松門左衛門集 下』(同上)
女殺油地獄、国性爺合戦、五十年忌歌念仏、心中天の網島、冥途の飛脚、鑓の権三重帷子
『近松半ニ集』(守随 憲治校注)
『竹田出雲集』(鶴見 誠校注)
菅原伝授手習鑑、義経千本桜、仮名手本忠臣蔵
<完訳日本の古典=小学館>
『近松門左衛門集』(森修・鳥越文蔵校注・訳)
*<新編日本古典文学全集=小学館>
『近松門左衛門集 1』(鳥越文蔵・山根為雄・長友千代治・大橋正叔・阪口弘之校注・訳)
女殺油地獄、十年忌歌念仏、薩摩歌、丹波与作待夜のこむろぶし、長町女腹切、博多小女郎波枕、冥途の飛脚、山崎与次兵衛寿の門松、夕霧阿波鳴渡、淀鯉出世滝徳
『近松門左衛門集 2』(同上)
生玉心中、宮の心中、卯月の潤色、卯月紅葉、心中重井筒、心中天の網島、心中二枚絵草紙、心中万年草、心中刃は氷の朔月、心中宵庚申、曾根崎心中、大経師昔暦、堀川波鼓、鑓の権三重帷子
『近松門左衛門集 3』(同上)
けいせい反魂香、国性爺合戦、出世景清、曾我会稽山、平家女護島、用明天王職人鑑
『浄瑠璃集』(鳥越 文蔵/大橋 正叔/林 久美子/長友 千代治/黒石 陽子/井上 勝志校注・訳)
仮名手本忠臣蔵、双蝶蝶曲輪日記、妹背山婦女庭訓、碁太平記白石噺

<岩波文庫>
近松 門左衛門 作『曽根崎心中・用明天皇職人鑑』(旧版)
近松 門左衛門 作『曽我會稽山・心中天の網島』
近松 門左衛門 作『国性爺合戦・鑓の権三重帷子』(和田 萬吉 校訂)
近松 門左衛門 作『女殺油地獄・出世景清』(藤村 作 校訂)
竹田 出雲 作『仮名手本忠臣蔵』(守随 憲治 校訂)付載「古今いろは評林」(天明5年)
竹田 出雲 作『菅原伝授手習鑑』(同上)
*竹田 出雲 作『義経千本櫻』(同上)
近松 半二『本朝廿四孝(守随 憲治 校訂)
竹本 三郎兵衛等作『艶容女舞衣』(頼桃 三郎 校訂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

葛西 聖司『文楽のツボ』

【ひらめサイト】

 葛西 聖司 (著)『文楽のツボ』(生活人新書)日本放送出版協会(2006/05)というのが出ているようです。(著者はNHKエグゼクティブアナウンサーで、1951年生まれ。「ひかるのプレゼント」「歌謡リクエストショー」「芸能花舞台」「国宝探訪」等多数の番組を担当。)

 邦楽の友社のメールマガジン第229号で、同社社長の守谷さんという方が激賞されているので、見てみようと思います。
http://www.hougaku.co.jp/mailmagazine/backno/229.htm

 5月公演では、次の章が関係しています。
第1章「愛の絆」生写朝顔話(宿屋、大井川)・新版歌祭文(野崎村)・
壺坂観音霊験記(沢市内、山)・本朝廿四孝(十種香)

 守谷さんの言によれば、「予習向きと言うより復習向きだと思います」そうなので、急ぐごとはなさそうです。

5月15日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

三宅周太郎『文楽の研究』岩波文庫版購入

【ひらめサイト】

 岩波文庫版、三宅周太郎『文楽の研究』をようやく購入しました。
 今回の岩波文庫版の解題によると、初版の『文楽之研究』(春陽堂、1930年)以後、創元選書版『改修 文楽の研究』(創元社、1940年)、創元選書版『新編 文楽の研究』(創元社、1947年)、創元文庫版『定本 文楽の研究』(創元社、1952年)とそのつど内容に変化がありましたが、角川文庫版『文楽の研究』(角川書店、1954年)は創元文庫の紙型を買い取ったものだそうです。
 岩波文庫版は角川文庫版を定本としていますから、わたしの持っている創元文庫版と内容的には同じものになります。紙質が悪く、活版のいささか読みにくい文字、いかにも当時の時代を反映している創元文庫に比して、、紙質、印刷ともずっと読みやすくなっています。さらに、新字新かな、さらに三業が何代目であるかを補うなど編集部の注が加えられているのが読む上で助けとなります。
 写真・図版は創元文庫版とほぼ同じですが、ちょっと違いがあります。おそらく角川文庫と同じなのでしょうが、春陽堂版は多数の写真があったよし、もう少し写真が欲しかったなと思います。
 最後に創元文庫版と岩波文庫版の違いを挙げておきます。

創元文庫写真と図版
口絵
1p写真:著者
2p写真:故吉田栄三、人形は「寺子屋」の松王
3p写真:女形の人形の独得な「片手の後むき」のきまり.人形遣いは吉田文五郎,人形は「先代萩」の政岡
4p図版:人形浄瑠璃創始期の舞台裏の絵
5-6p:写真人形の頭
本文中
p.16図版御霊時代文楽楽屋の図(大正10年前後の分)

岩波文庫写真と図版
本文中
p.18写真:大正15年焼失前の「御霊文楽座」(その外見)
p.19図版:御霊時代文楽楽屋の図--創元文庫と同じ
p.97写真:女形の人形の独得な「片手の後むき」のきまり--創元文庫と同じ
p.102写真:吉田栄三--創元文庫と同じ
p.126写真:人形の頭--創元文庫の2ページ分を1ページに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

安藤鶴夫氏

【ひらめサイト 麻生深雪さん】投稿日: 8月12日(金)16時01分21秒
一言ばかり
 以良香さま

 アンツルさんのお父様、確か大夫でいらしたと記憶しているのですが……。

麻生深雪様
 安藤鶴夫氏について、ご指摘の通りのようです。先にご紹介した千夜千冊には

 「父親の鶴吉が義太夫語りの八代目竹本都太夫である。文楽に詳しいなんていうものではない。太棹のオクリを波枕に聞いて育った。」

とあります。千夜千冊510夜(松岡氏のISIS立紙篇-Interactive System of Inter Scoresから千夜千冊に入れます。
http://www.isis.ne.jp/top.html

なお千夜千冊には
0826 『頭巾かぶって五十年』吉田簑助
0301『一の糸』有吉佐和子
も含まれています。

8月14日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

安藤鶴夫に挑んでみます

【ひらめサイト 麻生深雪さん】
夏果つる いざ一献を 管の君 投稿日: 8月10日(水)21時24分52秒


【前略】 以良香さま。
 何か文楽ほどしばしば「危機だ、危機だ」と言い立てられる芸能はないように思います。
 保存・継承すべき伝統芸術という面と客・そこからの収益によって成り立つ舞台興行という面の二つの兼合いの問題が大きいのでしょうが。新しい客層開拓にばかり力を入れての妥協も厭われますし、さりとて贔屓ばかりを対象に「分かる人にだけ来てもらえばよい」も好ましくありません。
 分裂時代のことどもは、山川静夫さんの「綱大夫四季」、小説ながら瀬戸内晴美さんの「恋川」、有吉佐和子さんの「人形浄瑠璃」などでも拝しますが、皆様本当によう力を尽くされたことと。
 そのよさ、おもしろさをでき得る限り伝えると同時に、激励、ときには叱咤をも交えて舞台とかかわってゆくのが、「人を生きさせて帰らせる」芸能の贔屓が為せることかとも思われます。

 住大夫師匠のインタビューを読んでの私の書き込み、読み返してみると最後の段落がわかりにくく冷汗ものですが、言おうと思ったことを汲み取っていただきありがとうございます。

 インタビューに終戦直後の様子がありますが、さらに昔の様子を三宅周太郎『文楽の研究 正』)から抜き書きしてみます。今もある部分共通しているところがあるのだと思いますが。

 「大序時代はすべて太夫三味線とも無給ださうだ。それで生活費はいる。座員としての負担はかゝる。故に、文楽の大序には入りながら、続々と落伍者を出すのは寧ろ当然のやうな気がする。/[中略]文楽は堕落した。安逸に流れてゐるの声は屡聞く。今はこのような大序の制度はなくなり、大序の人々も減少しはしたが、兎に角かうして昔同様な生活に耐へてゐる人々はゐるにはゐたのだ。/「中略」嘗て文楽にゐた或る太夫はしみじみ云った。『あすこだけは世の中を諦めてしまはねばゐられません。』」

夏休みは汗をかく時?

 『文楽の研究』を読み直し終えたので古書店を探して、安藤鶴夫他『文楽』(日本の伝統③、 昭和42年淡交新社刊)を購入しました。松岡正剛の千夜千冊『文楽 芸と人』(1980年、朝日選書)で安鶴氏と文楽の関わりを読んでいましたし、写真も多いので気楽に買いました。あらためてネットで松岡氏の文章を読んだところ、

「本書【『文楽 芸と人』】は読むだけで汗びっしょりである。/選書に入っているからといって侮れない。ページ2段組で分量も多いのだが、言葉のいちいちが芸談だから、一言も逃せない。気を許せない。」

とあります。購入したものと一部同じ文章が収録されているようです。
 ちょうど夏休み、汗をかいてみます。

2005年8月11日(木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

三宅周太郎『 文楽の研究』の復刊

【ひらめサイト】

 文庫の近刊情報によると、8月に岩波文庫から三宅周太郎『 文楽の研究(正)』が刊行される予定です。(税込み 798円、19日予定)(正)とありますから、続も刊行されるはずです。
 「ようこそ文楽へ-鶴澤八介メモリアル 『文楽』ホームページ-」の「図書・資料室 第2章 文楽の研究」では、「これも古書店を探さないと入手はできませんが、戦前の評論・研究の分野で活躍した三宅周太郎と石割松太郎の著書には、ぜひ目をとおしておきたいものです。三宅周太郎『文楽之研究』(春陽堂、昭和5・6)、その改訂版の『改修文楽の研究』(創元社、昭和15・3)及びその続編『続文楽の研究』(創元社、昭和16・11)は、一方に歌舞伎をおいて文楽の芸について考察したものです。」と紹介されています。
 二、三年前に、古書店で、創元文庫版『<定本>文楽の研究』『<定本>続文楽の研究』(いずれも1952年刊行)を入手したものの、時代背景などもわからず、ざっと目を通しただけに終わっています。岩波文庫に収録されるに当たっては、『浄瑠璃素人講釈』と同様に、詳しい解説と注釈が付けられていることを期待しています。
 なお角川文庫からも『文楽の研究 正続』として1954年に出版されているようです。

7月20日(水)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

歌舞伎と文楽の文献情報

【沖鴨学さんから紹介された書籍】
◎杉本苑子『歌舞伎のダンディズム』講談社文庫
◎戸板康二(吉田千秋・写真)『写真 歌舞伎歳時記 』講談社文庫
◎井野辺潔監修・義太夫研究会編著『文楽談義 語る・弾く・遣う』創元社

【沖鴨学さんへのメール】

 歌舞伎と文楽の文献情報ありがとうございます。
 杉本苑子は好きな時代小説家の一人ですし、戸板康二(やすじでしたね)は、若い頃『暮しの手帖』で歌舞伎評を書いていたのを読んでいたこともあり、岩波現代文庫の『歌舞伎への招待』正続を読みました。ご紹介いただいたもの、古書店を探してみます。

 井野辺潔監修・義太夫研究会編著『文楽談義 語る・弾く・遣う』、いずれ購入する積もりの文楽関係リストには入れてありますが、順番を繰り上げましょう。
 次の文献からは、文楽の昔を想像することができました。
 岩波写真文庫『文楽』カラーブックス『文楽-鑑賞のために』(保育社)、どちらも30年以上も前のもので入手しにくいのですが、もし目にとまるような場合には手に取ってみる価値があります。

2005-03-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)