WZNotes 1.1.0a

これまで2回紹介したWZNotes、久しぶりに機能がアップされました。

過去の紹介
以良香のZaurus&PCティータイム: アウトライン・エディター
http://iraka.tea-nifty.com/pda/2006/02/20060215__1604_eed3.html
以良香のZaurus&PCティータイム: WZNotes要望していたことが実現
http://iraka.tea-nifty.com/pda/2006/08/wznotes_2dc5.html

タイトルと本文を一体として扱える機能がこの間使えなくなっていたのですが、バグがなくなったほかに、これまでにいろいろな要望が出されていたことなど、新たな機能が追加されています。主なものを挙げてみます。
●保存時の文字コードの指定
Shift-Jisの他にUTF-8、EUC-JP、ISO-2022-JPをサポート
●ツリーの開閉状態の記憶
設定の自動開閉をOffにした時に、ツリーの各開閉状態を記憶し、次回起動時に再現。
●リンクできるファイル形式の拡張
外部リンクでhtmlに加え、各種画像フォーマットをサポート

まだ試していませんが、Windows版も登場したのでますます便利な使い方ができると思います。

最新版⇒レッドとザウルスの甘い生活 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ochan36/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブンコビューアの替わりに文庫エディター ver.0.4

 これから使うことが多くなりそうなソフトです。
 今年の念頭、ゼロ975 さんのサイトQt初心者の覚え書きに、文庫エディター ver.0.4がアップされました。(Qt初心者の覚え書き: 文庫エディター ver.0.4です


 テキストファイルを縦書き表示できるソフトに、ザウルス標準添付のブンコビューアがありますが、画像を表示できる機能がないのが不満でした。
 昨年の8月10日発表のver.0.2を発見し、この時点では私の環境では使えないものでしたが、9月1日発表のver.0.3で使えるようになりました。
 まだ十分使っていませんが、何点か要望した点も含めて改良されていて、たいへん嬉しいです。

 気に入っている主な点は 1)画像が表示できる 2)字下げ表示ができる ことです。昔から、何かしら読むもの(文庫・新書など手軽に持ち運べるものが多い)がないと不安なのですが、ザウルスにテキストを落としておけばその心配はなくなりそうです。
 それにしても新しいザウルスはもうでないのかな。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

emacs上のmew使えるように

久しぶりの書き込みになります。

 昨年のいつだったか、Zaurus上のemacsおよびemacs上のソフトを入れ替えて以後、mewが使えなくなっていた。
 エラーのレポートを解析する力もないので困っていたが、ふとmew.elを見たら、自分の設定したものでなくなっていた。おそらく、mewのインストール時に置き換えられたのだろう。バックアップしていたものを下記戻してOKに。
 ザウルス標準のメールソフトが重いのと、htmlメールだと内容が確認できなくて困っていたのだが、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザウルスの終焉?

次の記事を読んで、ザウルス終わって欲しくないなとつくづくと。でもどうなるのだろうか。

シャープの電子辞書の発表会で,とある方と話をしていてザウルスは終わったのだなあという思いを強くした。
MOBILE DAILY NEWS blog版 - 曇り。ザウルスの終焉?
http://d.hatena.ne.jp/yamadaatmn/20061120/1164035040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落としても壊れなかった

 21日土曜日に机の上に置いておいたZaurus LS-C3000を床に落としてしまい、拾い上げてスイッチをオンにしても起動されなくなってしまいました。

 これまでHP-100LX→HP-200LX→Zaurus LS-C700→LS-C3000と、モバイル機器を使ってきましたが、結構床などに落としてしまうことがありました。LXの場合だと、電池蓋と電池、メモリーカードが本体から飛び出してしまう。ZaurusだとCFカード、SDカードが飛び出すなどのことがありましたが、まず壊れることはなかったのです。例外は100LXが壊れたときで、手に持っていたのが、人に押されたために、3,4メートルすっ飛んでしまいました。

 3000も落としたことはあったのですが、動かなくなってしまったのは初めてです。電源アダプターをつなぐと、充電中を表わすランプが点滅してしまいます。翌日にかけて、電池蓋を外して、リセットボタンを押すなど、いろいろやってみましたが、その甲斐がないままでした。
 よく見ると、本体ケースの合わせ目が少し浮いた感じになっています。もしかしたらこれが原因かなと、ネジを外して(6カ所あります)、はめ直したところ動くではありませんか。
 ほっとしたのですが、こんどは外したネジを取り付けるのに苦労しました。すごく小さなネジで、電池蓋を外したところにある中央よりの1カ所が、スタイラスペンを受ける部品に邪魔されて、なかなかうまく入りません。はじめは外側からネジを締めていって、最後にこのネジにとりかかると、ネジ穴からすべって、スタイラスペン受けのところにある穴におちてしまい、他のネジを外さないととれないというはめに何回か陥りました。
 順番を変えればよいということに気づき、難関のネジを止めることができてから、他のネジを止めることに方針を変えました。
 結構難儀した後、ようやくネジ止めに成功しました。

 ながながと書きましたが、今は無事動いています。ケースの浮いていた分量は2mm程度というわずかなものですが、どこかに影響を与えていたと思われます。
 やはりモバイルって、単に落としたくらいではこわれないもののようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りなざうおもちゃばこ

Zaurus関係の情報を得るのにインターネットのお世話になってばかりいますが、このところありがたいと思っているのは次のサイトです。

LinuX zaurus Toybox ~りなざうおもちゃばこ~

ソフトおよびハードについて、管理人さんの簡にして要を得ているコメントがついています。また、Portabaseなどについては特集的に詳しく述べているのも役に立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

データベース200LXからZaurusへ

 昨年古書店で「ヒカルの碁」の単行本を見つけて、ひょっと買ってしまったのですが、けっこう買い続けてます。
(ひょっとYahooニュースを見たら漫画家の小畑氏が逮捕されてましたが、それはともかく。)
 よく重複購入をしてしまうので、それを防ぐためPortabase上でコミックの購入リストを作りましたが、以前200LX上でコミックのDBを作っていたのを思い出しました。
 ZaurusSL-C700を購入し、Portabaseを導入した当時、かなりの数のDBをLXから移行したのですが、Windows上でPortabaseが動かなかったか見つけなかったか、Zaurus上で作業するのが結構面倒で、かなりのDBを移行しないままでした。

 今回、最近作ったDB(新)に、200LXにあったDB(旧)を統合しましたが、その作業手順を心覚えに書いておきます。

1)200LX上でL1DBOUTを使用して、旧をカンマ区切りテキストに書出す。
2)Windows上のExcelで、旧の項目配列順を新に合わせる。
3)Windows上のiPentec(エディター)で旧の日本語コードをSJISからUTF-8に変換する。
4)Windows上のPortabaseで、新に旧を読み込み統合する。

後で、次のようにすることも可能なことに気付きましたが、一手順多くなりますか。ただ、Excelを使わないので、Zaurusだけでも可能ですね。

1')=1)200LX上でL1DBOUTを使用して、旧をカンマ区切りテキストに書出す。
2')=3)Windows上のiPentec(エディター)またはZaurus上のZeditorで旧の日本語コードをSJISからUTF-8に変換する。
3')Windows上またはZaurus上のPortabaseで、旧を読み込み項目順を新に合わせる。
4')同上から旧をカンマ区切りテキストに書出す。
5')同上で新に旧を読み統合する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony からLinux 搭載のデバイス発売!

Sony がやってくれましたね。Palm OS搭載のClieの製造・開発はやめちゃいましたが、Linux+Qtopiaを搭載したマシーンを出してくれました。

でもこれは日本では発売しないのでしょうか?SHARPさんに刺激になることを期待しているのですが。

下記を参照ください。

"Linux powers Sony's new Mylo WiFi handheld"

http://linuxdevices.com/news/NS8202297251.html

http://pocketgames.jp/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=4259&mode=thread&order=0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

WZNotes要望していたことが実現

Pandapapa様

以良香のZaurus&PCティータイム: HP200LXのデータベース読み書き対応ソフトへのコメントにあった
> 私にとっては書き溜めたメモ(Text File)の整理と検索のしやすさと速さが
> 最大の関心事です。その辺のことをそのうち交流できたら幸いです。

についてです。
以前、以良香のZaurus&PCティータイム: アウトライン・エディターに書いたように、WZNotesというアウトライン・エディターがあります。
この外部ファイルリンク機能のいうのが、書きためたテキストファイルの整理に便利だと思います。
 そこでも触れましたが、タイトルと本文をシームレスに扱いたいという機能を要望していましたが、この度作者のサムさんが実現して下さいました。(通勤電車で地下探検Limited: WZNotesの1行目タイトルについて(追記:08/03)
これでますます使う機会が増えそうです。

 リンク機能について再度紹介します。
 リンクしたいテキストファイルを、WZNotesの中から選択してやると、WZNotes上で読み書きできます。WZNotes上でのタイトルは最初はファイル名が付きますが、自由に付け直すことができます。またファイルの内容も編集することができます。
 テキストファイルをフォルダーを使って区分収納しても、同じファイルがいろいろな分類に関わってどこにおいたかよいか困ることがあります、WZNotesを使うと便利なのは、同じテキストファイルを、いろいろな分類の下におくことができることです。
 例えば、大阪で生まれて、東京に活動拠点がある時代小説作家A氏について記述したテキストを書いたとすれば、ファイル名をA氏2006-08-03とでもしておいて、2006年フォルダーにでも入れておき、WZNotes上で次のように複数のところから関係づけることができることができます。

作家メモ
 ジャンル
  文芸作品 
  歴史・時代小説
   A氏
  経済・社会小説
  ミステリー
  SF 
  …
 生まれ
  北海道
  青森
  …
  大阪
   A氏
  …
 活動地
  北海道
  …
  東京
   A氏
  …   
あまり良い例ではありませんが、一例をあげました。
 Portabaseのノートに収めるのと違って、テキストファイルのままで操作できるのが便利だと思います。


 わたしは、FileLauchを使って、テキストファイルを格納しているフォルダーを順次見ていって、WZNotesにリンクするようにしています。
 なお、htmlファイルもリンクすると表示します(編集は不可)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

EBtが早くなりました

EBtについて、以前「メモとメモにリンク、EBtというのが面白そうです」で紹介しました。

http://iraka.tea-nifty.com/pda/2004/12/eb_bd28.html

メモとリンクが増えるとさすがに起動が遅くなります。起動のつど、たくさんあるメモを開き、リンクを張っていく作業があるからです。

最近作者がプログラムをそれまではRuby + Ruby/Qte上でプログラムを開発していたのを、C++で書き直しています。ほぼRuby版と同じ機能が実現しています。腕時計ではかったところ、ほぼ倍速です。すごい。


無茶な実験室ココログ出張版: EBt lite 0.0.3-1 公開
http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/2006/05/ebt_lite_0031__35dc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型軽量XPマシンVAIO type U 『VGN-UX50』

VAIO type U 『VGN-UX50』 というのが発表されました。約520gというのにぐらっときます。市場価格推定170,000円前後 と、値段がすごい。5月27日発売、これは手に持って試してみたい。

News and Information 起動が速い」「小型軽量」「使いやすい」文庫本サイズの高性能モバイルPC VAIO「type U」発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200605/06-0516B/


 ソニーは、本体質量約520g、文庫本サイズの筐体に、Microsoft(R) Windows(R) XPとインテル(R) Centrino(R) モバイル・テクノロジーを搭載したVAIO「type U」『VGN-UX50』を発売します。
 本商品は、2002年に発売した「バイオU」でコンセプトとして提案した「小型・軽量モバイル」「両手で持ったままの操作性(モバイルグリップ・スタイル)」をさらに進化させた商品です。

1 本体質量約520g。外形サイズ幅約150×高さ32※2×奥行き95mmと、文庫本サイズのコンパクトボディにMicrosoft(R) Windows(R) XPと高速CPUを搭載し、バッテリーだけで3.5時間駆動※3。
2 起動時間わずか5秒(スタンバイ状態時)で、場所を選ばずすぐに使える。両手で持ったまま、直感的に指先だけでPC操作を可能とする優れたインターフェースを採用し、軽快な使用感を実現。
3 手軽に現在地・地図情報を取得したり、目的地までのルート検索、音楽コンテンツをワイヤレスで楽しめるなど、アプリケーションソフトと別売りアクセサリー群が充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

> 位置情報取得!ざうもにVer.0.0.1リリース

次のところに、PHSカード(Willcom系)を使って、そこが提供する位置情報を使って、Yahoo! Mapで地図を表示するというソフトが公開されていました。

せらくんの設定メモ
http://serakun.seesaa.net/

まだまだ完成品というのではないようですが、Wilcom系のKWINSを使っているので、今後に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP200LXのデータベース読み書き対応ソフト

 プロフィールに触れたHP200LX(LX)からZaurus SL-C700に移行した際に、LXで作製したデータベースの多くは、テキストファイルを経由してPortabaseのデータに移行しましたが、あまり利用してなかったデータはおっくうで移行しないままでいました。
 最近いくつかのデータを引っ張り出したくなりました。HP Connectivity Pack上で読み書きすることはできますが、Portabaseへデータを持ってくることはできないので、またテキストファイル経由での以降を検討していたところ、Windows上で動くソフトで、LXのデータベース(GDB(データベース)、PDB(電話帳)、NDB(ノート))を読み書きできるソフトを発見しました。
 ソフト名はGDBWIN(β版)で、pocketbookというサイトで見かけて、早速次のところに行きました。Boo!Boo!!Boo!!!

http://fronttom.freeservers.com/book/gdbwin/index.html

 まだ完全ではないとありますが、データを見ているところでは問題なく読めるようです。データを一括変換するまでもないが、いくつかのデータを使いたいようなデータベースは、GDWINを使うことができそうです。

 元LXユーザーのPandapapaさん、いかがですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

eEditは便利なテキスト・エディターだと思うんですが・・・

一部にはZeditorと双璧をなすと評された(こともあるらしい)テキスト・エディターのeEdit。ところが、開発もストップしているらしく、ダウンロードできるURLを今探したのですが見つかりません。テキストファイルを作成するときにフォントやコードを簡単に指定できるので便利です。Zeditorの出番が減りつつあったくらいでしたので、残念(もっと探せとの影の声が聞こえそう)。

リンク: 以良香のZaurusソフト: Zeditor.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

eEdit 新しい話題はこちらにお願い

「以良香のZaurusソフト」
http://iraka.tea-nifty.com/zaurus_soft/
Zediorの記事に対して、Pandapapaさんからコメントがありました。
eEditというエディターについてです。
新しい話題ですので、こちらに書いていただいて、元の記事に対してトラックバックしていただけるとありがたいのですが、今後よろしくお願いします。

トラックバックからたどった上でコメントにたどりつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«Ztenvとの競合と解決