« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

データベース200LXからZaurusへ

 昨年古書店で「ヒカルの碁」の単行本を見つけて、ひょっと買ってしまったのですが、けっこう買い続けてます。
(ひょっとYahooニュースを見たら漫画家の小畑氏が逮捕されてましたが、それはともかく。)
 よく重複購入をしてしまうので、それを防ぐためPortabase上でコミックの購入リストを作りましたが、以前200LX上でコミックのDBを作っていたのを思い出しました。
 ZaurusSL-C700を購入し、Portabaseを導入した当時、かなりの数のDBをLXから移行したのですが、Windows上でPortabaseが動かなかったか見つけなかったか、Zaurus上で作業するのが結構面倒で、かなりのDBを移行しないままでした。

 今回、最近作ったDB(新)に、200LXにあったDB(旧)を統合しましたが、その作業手順を心覚えに書いておきます。

1)200LX上でL1DBOUTを使用して、旧をカンマ区切りテキストに書出す。
2)Windows上のExcelで、旧の項目配列順を新に合わせる。
3)Windows上のiPentec(エディター)で旧の日本語コードをSJISからUTF-8に変換する。
4)Windows上のPortabaseで、新に旧を読み込み統合する。

後で、次のようにすることも可能なことに気付きましたが、一手順多くなりますか。ただ、Excelを使わないので、Zaurusだけでも可能ですね。

1')=1)200LX上でL1DBOUTを使用して、旧をカンマ区切りテキストに書出す。
2')=3)Windows上のiPentec(エディター)またはZaurus上のZeditorで旧の日本語コードをSJISからUTF-8に変換する。
3')Windows上またはZaurus上のPortabaseで、旧を読み込み項目順を新に合わせる。
4')同上から旧をカンマ区切りテキストに書出す。
5')同上で新に旧を読み統合する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »