落としても壊れなかった

 21日土曜日に机の上に置いておいたZaurus LS-C3000を床に落としてしまい、拾い上げてスイッチをオンにしても起動されなくなってしまいました。

 これまでHP-100LX→HP-200LX→Zaurus LS-C700→LS-C3000と、モバイル機器を使ってきましたが、結構床などに落としてしまうことがありました。LXの場合だと、電池蓋と電池、メモリーカードが本体から飛び出してしまう。ZaurusだとCFカード、SDカードが飛び出すなどのことがありましたが、まず壊れることはなかったのです。例外は100LXが壊れたときで、手に持っていたのが、人に押されたために、3,4メートルすっ飛んでしまいました。

 3000も落としたことはあったのですが、動かなくなってしまったのは初めてです。電源アダプターをつなぐと、充電中を表わすランプが点滅してしまいます。翌日にかけて、電池蓋を外して、リセットボタンを押すなど、いろいろやってみましたが、その甲斐がないままでした。
 よく見ると、本体ケースの合わせ目が少し浮いた感じになっています。もしかしたらこれが原因かなと、ネジを外して(6カ所あります)、はめ直したところ動くではありませんか。
 ほっとしたのですが、こんどは外したネジを取り付けるのに苦労しました。すごく小さなネジで、電池蓋を外したところにある中央よりの1カ所が、スタイラスペンを受ける部品に邪魔されて、なかなかうまく入りません。はじめは外側からネジを締めていって、最後にこのネジにとりかかると、ネジ穴からすべって、スタイラスペン受けのところにある穴におちてしまい、他のネジを外さないととれないというはめに何回か陥りました。
 順番を変えればよいということに気づき、難関のネジを止めることができてから、他のネジを止めることに方針を変えました。
 結構難儀した後、ようやくネジ止めに成功しました。

 ながながと書きましたが、今は無事動いています。ケースの浮いていた分量は2mm程度というわずかなものですが、どこかに影響を与えていたと思われます。
 やはりモバイルって、単に落としたくらいではこわれないもののようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型軽量XPマシンVAIO type U 『VGN-UX50』

VAIO type U 『VGN-UX50』 というのが発表されました。約520gというのにぐらっときます。市場価格推定170,000円前後 と、値段がすごい。5月27日発売、これは手に持って試してみたい。

News and Information 起動が速い」「小型軽量」「使いやすい」文庫本サイズの高性能モバイルPC VAIO「type U」発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200605/06-0516B/


 ソニーは、本体質量約520g、文庫本サイズの筐体に、Microsoft(R) Windows(R) XPとインテル(R) Centrino(R) モバイル・テクノロジーを搭載したVAIO「type U」『VGN-UX50』を発売します。
 本商品は、2002年に発売した「バイオU」でコンセプトとして提案した「小型・軽量モバイル」「両手で持ったままの操作性(モバイルグリップ・スタイル)」をさらに進化させた商品です。

1 本体質量約520g。外形サイズ幅約150×高さ32※2×奥行き95mmと、文庫本サイズのコンパクトボディにMicrosoft(R) Windows(R) XPと高速CPUを搭載し、バッテリーだけで3.5時間駆動※3。
2 起動時間わずか5秒(スタンバイ状態時)で、場所を選ばずすぐに使える。両手で持ったまま、直感的に指先だけでPC操作を可能とする優れたインターフェースを採用し、軽快な使用感を実現。
3 手軽に現在地・地図情報を取得したり、目的地までのルート検索、音楽コンテンツをワイヤレスで楽しめるなど、アプリケーションソフトと別売りアクセサリー群が充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型ザウルス SL-C3200

 6GB ハードディスク搭載の新型ザウルス SL-C3200が発表されました。
 発売日は 2006/03/17 で、価格はオープンですが、店頭予想価格は75,000円前後とのことです。
 2006年5月からリニューアルされる新TOEICテストに対応、また英語のリスニングコンテンツが充実ということで、ソフトウェアとしてはあまりわたし自身には魅力はありません。
 所持しているSL-C3000のハードディスク4GBが、6GBになったというのがすごいなと思うのと、それだけかなという気もしますが、シャープの一部サイトが終了するなどザウルスの先行きが不安だったのが払拭されたという感じです。

パーソナルモバイルツール“ザウルス”<SL-C3200>を発売 | ニュースリリース:シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/060307-a.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新機種SL-C3200の噂

【Pandapapaさんのご紹介で】
“ザウルスのある生活”(ttp://slzaurus.seesaa.net/)に、
----------
価格comには
「来月中旬に、SL-3100の後継機SL-3200が発売されるとの情報を掴んだ」
との情報。

新機種SL-C3200が、SL-C1000同様、3月発売になるということでしょうか。
----------
とありました。

 シャープがZaurusそのものをやめるなんて噂がありましたが、どうなるのでしょうか。
 私自身は3000で当分行きますが、やはり新しい機種で新しいユーザーを開拓してもらわないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新Zaurus発表

 シャープから、SL-C3000の後継機種、Linuxザウルス「SL-C3100」が発表されました。発売は6月24日です。

 SL-C3000の内蔵フラッシュメモリが、SL-C1000と同じ128MBに増やされています。逆にSL-C1000にハードディスクドライブを搭載したものと見ることもできますね。
 搭載ソフトには、これまでのものに加えて、19種類のコンテンツを収録しています。「TOEIC TEST 奪取470」「言えそうで言えない英語表現」「NHK出版DVD+BOOK 江連忠の“オンプレーンスイング”ドリル45」「ビジネス文書の基本」などです。
 辞書では大修館書店のジーニアス辞書が、和英は紙辞書より古い内容だったのを、現行の第2版にそろえています。

 次のところから情報のあるところへ飛べます。

http://www.takei.gr.jp/zaurus/zbook.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zaurus新製品

シャープから、新LinuxザウルスのSL-C1000が発表されたとネット上に流布しています。SL-C3000からハードディスクを取り除いたような製品というのが近いようですが、辞書が違うなどいろいろと違いがあるようです。ハードディスクがないだけに、C3000より軽いのは嬉しいところです。
発売は3月18日、店頭予想価格は5万円前後といわれています。

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050311-a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C3000の重さ

【Pandapapaさんから
ヨドバシカメラで下調べをしました(苦笑)。やはりずっしりとした重さを感じますが、以良香さんの場合は携行時は鞄の中ですか。
とあり。【】


 現在通勤時には、C3000はスーツの内ポケットに入っています。プライベートな外出時にはハーフコートの内ポケットに入っています。昼休みにはズボンの尻ポケットに入れることもあります。
 暖かくなったときには鞄の中に入れるしかないでしょうね。
 C700の軽さはよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C3000いいですよ

大容量ハードディスクは便利ですよ。
howmzを設定して見ました。Qualendarにある予定がhowmに書いた予定の次に一覧されます。
予定が多すぎる人にとっては目にきつすぎるかも。
スピードが気になり始めました。いよいよspecial kernelの導入を考えようかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

860と3000

【Pandapapaさんから
> C-3000を買いに行ったが帰りにはC-860を抱えていたという方がいますね。ハードディスクのクラッシュへの不安と価格差が理由となっているようです。】

 価格からはC860も魅力でしたが、インターネット接続およびメールということから、C3000を選びました。
 発売直後ということも不安要素でしたが、購入した店では、3000を発売以来500?売ったが、不具合は一人だけというので踏み切りました。

> howmの動作速度はいかがですか?
 C700が動かないので比較できないのですが、体感的には決して早くないです。
 急ぎの時はZeditorでファイルを開きます。したがってファイル名とフォルダーの構造には神経を使っています。本来howmはそういったことは気にしなくてよいのですが。howm本来の使い方はWindowsマシン上のMeadowで堪能しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zaurus 3000購入。ソフト動いています

 先に書きましたが、Zaurus 700の電池が駄目になったのに続いて、ACアダプターとが壊れてしまい、それらを買い換えるか新しいZaurus 3000を買うか迷っているうちに、電源切れで無理矢理動かしたためか、700が動かなくなってしまいました。
 そんなわけで先月25日に3000を買ってしまいました。データの多くはCFメモリーに置いていたのでよいのですが、一部のソフトは、本体にしか置けないのと、KeyHelperとhowmは設定ファイルを自分で書き換える必要があるのですが、その設定が本体に置いてあるので、それらを3000に持ってくるのに苦労しました。
 さいわい700上でLinuxが動いたので、CFにコピーをすることができました。そのほかのソフトでも、設定をし直すのに手間がかかるものがあり、ようやく700で使っていたソフトが動くようになりました。
 今のところ700と同様に動いています。
 なお、定額制のPHSも入れました。これも遅いのは仕方がない以外は順調に動いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)